『スパイダーマン:FFH』になぜ○○○○は登場しなかったのか? - 脚本家が理由を語る

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

※この記事には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

またもや世界中で大ヒットを記録することになったマーベルスタジオ作品の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。MCUシリーズのフェイズ3の最後の作品として注目されていた映画ですが、スパイダーマンというキャラクターの人気もあって非常に注目度が高い作品となっています。

今年初めにはアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が公開され、幅広く展開されるスパイダーマンの世界に可能性も感じられました。

しかし前作の『スパイダーマン:ホームカミング』と、『スパイダーバース』の間に共通して登場するキャラクターがなぜ今作で登場していなかったのかの答えを脚本家が明かしています。

※この記事には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

アーロン・デイビスが再登場しなかった理由とは?

2017年公開の映画『スパイダーマン:ホームカミング』には、ドナルド・グローバー演じるアーロン・デイビスというキャラクターが登場していました。このアーロンはコミックだとプラウラーというヴィランであると同時に、甥には2代目スパイダーマンであるマイルズ・モラレスが存在しています。

ご存知の通り、『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公がマイルズであり、アローンもプラウラーとしてアニメの中に登場していました。

そんなアーロンがなぜ『ファー・フロム・ホーム』に再登場しなかったのでしょうか?その理由を脚本家のクリス・マッケーナ氏とエリック・ソマーズ氏がインタビューで明かしています。

'Spider-Man: Far From Home' Team Considered a Donald Glover Cameo

我々は間違いなく考慮していました。再びアーロン・デイビスを再登場させることがどれほど素晴らしいことだったか。ただ映画でのクイーンズでのシーンは本当に短く、ほとんどがヨーロッパでした。諦めなければならないアイデアがいくつもありました。

脚本家の2人はこのように語り、アローン再登場の案があったにもかかわらず、ストーリーの性質上諦めたことをコメントしています。

勿体ないような気もしますが、今回ばかりは仕方のないようにも感じますね。
前作ではアーロンは甥がいることも明らかになっていましたので、今後実写映画の方にもマイルズが登場することを期待していました。

今のところは実写とアニメがクロスオーバーするような計画はありませんが、『スパイダーバース』の世界観的にはアニメライズされたトム・ホランド版スパイダーマンが登場してもおかしくはありませんよね。トビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマンも登場するという噂もありました。

果たしてMCU版スパイダーマンはどこまで世界観が広がっていくイのでしょうか?今後の新作情報にも注目していきましょう。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


 comment
  1. アバター 匿名 より:

    前作でアーロンを演じたのはドナルド・グローバーでは?

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!