『スパイダーマン:FFH』のマルチバースは何だったのか? - 監督が回答を示す!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後の世界を描く作品として、予告編の時点から多くの話題を呼んでいた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

今作には新キャラとして別世界から来たクエンティン・ベック/ミステリオというヒーローを名乗る男が登場しています。
その正体については多くの憶測が呼ばれていましたが、特にマルチバースという設定には多くのアメコミファンが湧いたのは記憶に新しいと思います。

そんなマルチバース設定ですが、今回その詳細は監督自ら明かしています。

※この記事には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

アース-19999はMCUの世界

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の製作をしたジョン・ワッツ監督は、海外メディアのComicBook.comのインタビューに答え、今作に登場したマルチバース設定についての回答を明らかにしています。

Spider-Man: Far From Home Director Addresses Multiverse Controversy

(ミステリオが言った)アース-616は存在しません。「アベンジャーズ/エンドゲーム」の戦いはマルチバースを作ったかもしれないが、今回はその影響はなかった。ミステリオはMCUの地球の住人だ。』

監督はミステリオの正体が別世界から来た人間ではなく、明確にMCU世界の住人であることを明かしています。しかし『アベンジャーズ/エンドゲーム』などのスナップの影響でマルチバースが作られてたかのような発言はしています。あくまで『ファーフロムホーム』ではその影響が描かれてはいなかったとのこと
ちなみにMCU世界はアース-19999と名付けられているとの記述も記事内で確認することができます。

今作に関してはマルチバースという設定自体がミステリオの嘘ではありましたが、今後の作品において登場する可能性というのは十分あり得ます。アメコミファンならご存知とは思いますが、コミックではいくつものマルチバースを利用した作品があり、それぞれの世界でヒーローたちが活躍をしています。その中の一つにMCU世界が存在しています。

インフィニティストーンをつかったことによる影響がどのようにほかの作品で描かれていくのかはわかりませんが、『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』などのクロスオーバーの起点にもなりうるものなので、重要なポイントとして注目をしていきましょう。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です