『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に2代目キャプテンアメリカのカメオ出演の案が?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

間もなく公開されるマーベル・スタジオ最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。MCUシリーズにとってもフェイズ3の最終作となるため、大きな意味合いのある作品となっています。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後のを描いたストーリーになるため、その影響もどのように描かれるのか注目されていますが、当初はあるキャラクターのカメオ出演が予定されていたそうです。

サム・ウィルソン版キャプテンアメリカ?

マーベル・スタジオのエグゼクティブプロデューサーであるエリック・キャロル氏は、海外メディアのComicbook.comのインタビューに答え、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』には当初、キャプテンアメリカの名を継いだファルコンことサム・ウィルソンの登場を予定したとコメントしています。

Spider-Man: Far From Home Almost Included First Look At Falcon As Captain America

映画の最後にファルコンをキャプテンアメリカとしてカメオ出演させることについて簡単に話しました。彼がチームを率いるような内容です。しかし私たちは今作がニック・フューリーやピーター・パーカーがほかのアベンジャーズに依存しないことが重要だと考え、また彼自身のステップアップをしなければならないと考えました。』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストで、年老いたスティーブ・ロジャースから盾を受け継いだサム・ウィルソンは、コミック通りに2代目キャプテンアメリカを名乗ることになりました。それが早くも『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に登場する可能性があったというのは驚きですね。

ただコメントにあるように今作はピーター・パーカーの成長物語という側面が前作よりも強くなっているために、ほかのアベンジャーズのメンバーを登場させない決定になりました。
コミックや今まで公開されてきたスパイダーマン映画では、ベンおじさんが亡くなることでピーターがヒーローへの自覚をする展開が用意されていました。
しかし今作ではベンおじさんの代わりをトニー・スタークに置き換えており、トニー亡きあとにピーターがどのようにヒーローとして成長していくのかに焦点を当てて描かれています。

今作では『エンドゲーム』の影響として、インフィニティストーンの力によって別世界の扉が開き、そこからエレメンタルズと呼ばれるモンスターたちや、ミステリオが登場します。
果たしてMCUのフェイズ3はどのように締めくくられるのでしょうか?注目していきましょう。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日より日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!