MCU版『スパイダーマン3』、『PHONE HOME』『HOME SLICE』『HOME WRECKER』の3つのタイトルが明らかに - 一体どれが本物?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在撮影を続けているMCUシリーズの最新作MCU版『スパイダーマン3』
公開は年内に迫っている中、いまだにその詳細やタイトルすら明らかにされていなかった。

しかし突然今作に出演するキャスト陣により、なんと3つのタイトルが公開された!

謎の劇中写真も公開

MCU版『スパイダーマン3』で引き続きピーター・パーカー/スパイダーマンを演じるトム・ホランドと、恋人のMJ役をするゼンデイヤ、そして親友のネッドを演じるジェイコブ・バタロンはそれぞれのインスタグラムにて、今作の正式タイトルとみられる画像と劇中写真を公開した。

トム・ホランドは「家に電話をかける」といった意味の『スパイダーマン:PHONE HOME』。これはスティーヴン・スピルバーグ監督の『E.T.』でのE.T.のセリフを意識したものではないかといわれている。タイトルのカラーはグリーンになっている。

ゼンデイヤは「親友」を意味する『スパイダーマン:HOME SLICE』。こちらもカラーはピンクに。

そしてジェイコブは「家庭を破壊する」などを意味する『スパイダーマン:HOME WRECKER』のタイトルを投稿した。カラーはグレーと他の2人よりも少しネガティブな雰囲気のあるものとなっている。

これらのどれが本当のタイトル(はたまたどれもフェイク)なのかはわかってはいないが、おそらく今後近いうちに正式タイトルが発表されると思われる。

3つのタイトルからすでにファンの間ではマルチバースを意味しているや、各ロゴのカラーがヴィランを表しているなどの考察が展開。今までにない発表方法に困惑しながらも楽しむファンの姿が朝から見ることができた。

また投稿された劇中写真では、3人のキャラクターがどこかの建物内を探索しているようなシーンが映し出されている。一体彼らはなにを探しているのだろうか?気になるところだ。

トム・ホランドは海外メディアのインタビューに対して、MCUシリーズでも一番印象的な戦闘シーンを撮影したことを明らかにし、前2作品を超える映画になることは間違いないだろう。

正式タイトル不明のMCU版『スパイダーマン3』は2021年12月17日に全米公開予定。

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    スピアダーマンになってますよ!

コメントをする