『アクロス・ザ・スパイダーバース』概要が明らかに ー 登場するスパイダーマンも自由に選べたことが明らかに

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ついに最初の映像が解禁されて話題となった最新映画『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(PART1)』
オスカーを受賞した前作『スパイダーマン:スパイダーバース』から更に拡大したマルチバースのスパイダーマン世界が描かれると言われているが、今作の公式概要が明らかにされた

『マイルズ・モラレスは、オスカーを受賞した「スパイダーバース」の次の章に向かう。グウェンやマルチバースの隣人スパイダーマンたちの新チームの壮大な冒険で、これまでに遭遇したものよりも強力なヴィランと対峙する』

概要では前作以上に多くのスパイダーマンが共演することが示唆された。
以前に解禁されたティザームービーのなかでも複数の蜘蛛のロゴが確認されており、そこから予想するに新しいチームが前作の倍以上の人数になるのは濃厚だと考えられる。

また今作のプロデューサーであるクリストファー・ミラー氏は、映画の企画の際に登場させたいスパイダーマンを自由に選ぶことが出来たことを明らかにした。

『(登場させることができなかったキャラはいるかと尋ねられ、)正直なところそれはなかったです。私たちはこれまで望んでいたこと全てを多かれ少なかれ描くことができるようになっています』

具体的にどのスパイダーマンが映画に登場するかは不明だが、予告の時点ではマイルス・モラレスやグウェン・ステイシーをはじめ、前作のポストクレジットシーンに意味深に登場したスパイダーマン2099も今作では仲間に加わると考えられる。

また日本からは東映版スパイダーマンと彼が乗る巨大ロボのレオパルドンの参戦も期待されており、海外でもじわじわと人気が出来ている東映版スパイディのハリウッド作品デビューに注目が集まっている。

果たしてマイルスは一体どれだけのスパイダーマンたちと共演することになるのだろうか?
『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(PART1)』は2022年10月7日に全米公開予定だ。

関連記事を読む