『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』ヴィランにスポットが登場 ー 原作は次元間を移動する能力を持つ

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズの大ヒットアニメ映画の続編として公開を控える『SPIDER-MAN: ACROSS THE SPIDER-VERSE』<スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース>。そんな今作に登場するヴィランが初解禁された!

出典:C)2022 CTMG. (C) & ™ 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

白黒の人物の名はスポット (The Spot) というキャラクターで、次元間を移動して犯罪を犯すスパイダーマンやデアデビルのスーパーヴィランとしてコミックに登場していた。
今回公開されたビジュアルでもお馴染みのドット柄のボディで次元間を移動しながらマイルズ・モラレスやグウェン・ステイシーともつれ合う姿が描かれている。

マイルズがスポットに蹴りを叩き込むも、その足先はスポットの体にある黒い穴に入り、スパイダー・グウェンのすぐ近くに存在する別の黒い穴から飛び出しているような様子が描かれている。

またスポットの声優には俳優のジェイソン・シュワルツマンが務めることも明らかにされた。

『スパイバーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』は前作から数年後の世界を舞台にしているようで、公開された特報映像では成長したマイルズやグウェンの他に、前作のラストで数分だけ姿を現したスパイダーマン2099も登場することが明らかになっている。

これ以外にも数多くのマルチバースのスパイダーマンたちが登場することが予想されており、その中には日本からの東映版スパイダーマンやそのロボであるレオパルドンの登場にも期待がされている。

すでに3作目の製作も決まっており、さらなるスパイダバースの拡大がされていくことにも注目だ。

『SPIDER-MAN: ACROSS THE SPIDER-VERSE』<原題:スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース>は2023年、全国の映画館で公開だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。