『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』VFX担当者、リザード&サンドマンの映像に再利用に言及 ー 予告のあの件は?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの大ヒット映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』には、過去のスパイダーマン映画から同じ俳優でのヴィランが再登場したことで、非常に注目度も高い映画となっていた。

一方でサンドマンリザードについてはトーマス・ヘイデン・チャーチリス・エヴァンスの再出演はならず、過去の映画からの映像を再利用することで作られていた。

この点について今作のVFXアーティスのケリー・ポート氏が海外メディアのインタビューのなかで当時の製作に関して振り返ってくれた。

『リス・エヴァンスやトーマス・ヘイデン・チャーチには実際に撮影できなかったので、以前の映画の映像を使用することになりました。リス・エヴァンスのリザードが人間に戻るシーンは、未使用のシーンを使いました。(中略)トーマス・ヘイデン・チャーチのサンドマンは照明の観点から、シーンに取り込むには、調整する必要がありました。』

『アメイジング・スパイダーマン』や『スパイダーマン3』での映像や、未使用シーンをベースに、そこに編集を加えることで『ノー・ウェイ・ホーム』での活躍を描いたと明らかにしてくれた。特にラストバトルで二人が元の人間に戻るシーンは元の俳優のシーンが当時の映像そのままに使われていたことが、劇場公開の時点でわかっていた。

これらのシーンが違和感なく現代の映画に差し込めるのはさすがのVFXチームの技術力と言えるだろう。

ちなみにポート氏はここに加えて、予告編でまだ二人のスパイダーマンが隠されていたシーンについて振り返り、なにもいないところでリザードが蹴られているシーンについては、単純にトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィルドのスパイダーマンの二人のライヤーを消しただけなので、リザードのモーションについてはそのままになっていたと裏話も明かしてくれている。

過去と現在の映像が上手く混ざり合いながら製作された『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は先行でデジタル配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。