ソニー・ピクチャーズ元会長、スパイダーマンMCU合流の話し合いで号泣していた ー ケヴィン・ファイギ氏の提案で

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオの公式本「TheStory of Marvel Studios:The Making of the Marvel Cinematic Universe」では、スパイダーマンの映像の権利を持つソニー・ピクチャーズとのMCUシリーズ合流前のやり取りが掲載され、にわかにファンの間で話題になっている。

合流の話し合いはソニー・ピクチャーズ当時の会長であるエイミー・パスカル氏と、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏の二人の間で行われ、どうやらパスカル氏はその席で号泣してしまったようだ。

スパイダーマンを愛している点で意見が一致

『アメイジング・スパイダーマン2』が公開された後、エイミー・パスカル氏はケヴィン・ファイギ氏に3作目に関するディスカッションを昼食をしながら交わし、彼にアドバイスを求めていたことが本では綴られている。

Spider-Man Producer Cried During First MCU Conflict With Kevin Feige

ファイギ氏に作品へ参加してほしいとの要望を伝えたパスカル氏はストーリーのドラフトを渡したのだが、それを読んだファイギ氏は「正直言って、上手くはいかないと」とバッサリと評価したそうだ。
そして彼は次のように提案した。

『別のスタジオにスパイダーマンの権利を渡すようなことはしないでください。権利者で作品が変わることはありません。お金でも変わることはありません。私たちに制作を依頼してください。
DCコミックスがクリストファー・ノーラン監督(『ダークナイト』を製作)としたことをしましょう。私たちがノーランだというわけではありませんが、今回のことを非常にうまくやれる制作会社があると言っています。映画を作るためにその制作会社のサービスを利用するだけです。』

つまりはファイギ氏は自身が代表を務めるマーベル・スタジオに製作を依頼してもらうように提案したのだ。その際スパイダーマンの権利を求めることもなく、ただ助け船を差し出すようにパスカル氏に話したのだ。

その言葉を聞いた彼女は驚き、気が動転したのか号泣したと話した。

最初、私はとても憤慨していました。私は泣き始めて彼を私のオフィスから追い出したか、昼食のサンドイッチを彼に投げたと思います。どっちだったかは覚えていません。』

逆に言えばパスカル氏もそれだけスパイダーマン映画に本気で取り組んでいたことがうかがえる。

その後冷静になって考え直した彼女は再びファイギ氏に電話をかけ、スパイダーマンをマーベル・スタジオで製作するという提案に同意したと本には書かれている。

『「幸運なことに、ケヴィンと私はピーター・パーカーを愛しているという点では共通しています。サム・ライミ監督の頃からスパイダーマンの映画でケヴィンと一緒に仕事をしてきました。」とパスカルは話した。(中略)昼食の翌日にフェイジに電話をかけた。ソニーとマーベル・スタジオのコラボレーションのコンセプトは彼女の心を離れていませんでした。MCUでスパイダーマンをどうするかについての彼の具体的な考えを聞いた後、「なんてこった、あの男は頭がいい」と彼女は認めた。』

スパイダーマンがマーベルに戻ってきた大きな要因にはケヴィン・ファイギ氏の寛大な人柄が大きく影響していたのかもしれない。今回のソニーとマーベルの秘話で、彼が多くのクリエイターや俳優、スタッフに慕われ続けている理由もよくわかった。

現在MCUシリーズのスパイダーマンは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2021年12月17日に全米公開を予定している。

関連記事を読む

コメントをする