ソニー、『ヴェノム3』の製作を発表 ー トム・ハーディ主演の人気映画の第3弾

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズが展開しているマーベルの映画シリーズである「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の最初の作品として公開された『ヴェノム』のさらなる続編『ヴェノム3』の製作が、イベントの「CinemaCon」のなかで正式に明らかにされた

主人公のエディ・ブロック役には同じくトム・ハーディが続投し、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の後の世界を描く物語になると予想される。
まだ具体的な公開日などは明らかにされていないが、待望の3作目ということで期待が上がっていくのは必至だろう。

『ヴェノム』はジャーナリストとして活動するエディ・ブロックと、彼に寄生した地球外生物のシンビオートであるヴェノムを主人公とした物語。1作目は公開前の下馬評を覆して大ヒットを記録し、2作目では宿敵カーネイジが登場したことでよりマーベルファンたちを喜ばせた。

またポストクレジットシーンではエディとヴェノムがマーベル・スタジオのMCUシリーズの世界に飛ばされてしまい、そこでスパイダーマンの存在を知ることになった。
その後公開された『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にも登場していたが、結果的にはトム・ホランドのスパイダーマンと出会うことはなかった。

『ヴェノム3』が『ノー・ウェイ・ホーム』での出来事を扱うかはわからないが、ユニバースを超える経験をしたあとのエディの物語ともあって、スパイダーマンに関する何かしらのものがあることに期待をしたい。

そしてジェレッド・レト主演の『モービウス』も公開されており、ヴェノムとモービウスとの共演にも注目だ。

ソニー・ピクチャーズはこの他にもアーロン・テイラー=ジョンソン主演の『クレイヴン・ザ・ハンター』、ダコタ・ジョンソン主演の『マダムウェブ』、そして今作と同時に製作が発表されたバッド・バニー主演の『エル・ムエルト』と複数の作品の公開が予定されている。
今後もさらなる独自展開をしていくことが予想され、MCUシリーズとともに注目すべきシリーズとなっている。

今後『ヴェノム3』に関する新たな情報が入り次第お知らせをしていく。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。