トビー・マグワイア&アンドリュー・ガーフィールドの出演、ソニーは”未確認”の姿勢 - 実質ノーコメントに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ここ数日のスパイダーマン界隈の情報はとても忙しくなっている。
特にMCU版『スパイダーマン3』への出演にトビー・マグワイア&アンドリュー・ガーフィールドの出演が確定したとのニュースは日本でもツイッターでトレンドに上がるほどにぎわせた。

しかし事実かどうかは確認されておらず、悶々とする状態が続いているのだ。

そんなスパイダーマン映画製作の当事者であるソニー・ピクチャーズはどのようなコメントをしているのか?

ソニーは肯定も否定もしない

海外メディアの報じるところによると、MCU版『スパイダーマン3』にトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが出演するかどうかについて、ソニー・ピクチャーズは「未確認の情報」という姿勢を貫いていると伝えている。

Tobey Maguire, Andrew Garfield Not Cast in Spider-Man 3 Per Sony

要するにノーコメントのようなものだ。肯定も否定もしない姿勢もとっていないというのが今のソニー・ピクチャーズの現状だろう。
これもまた意味深な態度で依然としてファンを悶々とさせる状況なのは間違いない。

一方で以前に当ブログをまとめた情報にも書いたが、2人が出演したスパイダーマンの世界観との融合の伏線は様々なところで張られているのは事実でもあるだろう。

またマーベル・スタジオも昨年に、「トム・ホランドのスパイダーマンが複数のユニバースを行き来する」なんていうコメントも発表していることも考えれば、たとえトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが出演しなくても、2つの世界と交わることは十分にあり得ることだ思われる。

いずれにしてもまだまだ楽しみは残されているのは確かだ。MCUのスパイダーマンをはじめ、ソニー・ピクチャーズの『ヴェノム』や『モービウス』にも注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする