スパイダーマン、MCU離脱ほぼ確定か? - ソニー・ピクチャーズCEO『すでに扉は閉じている』

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの親会社であるディズニー社のスパイダーマン映画の製作に関する交渉が決裂したというニュースから数週間。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ氏の製作からの離脱は確定しているものの、MCUシリーズからスパイダーマンがいなくなってしまうのかはわかっていませんでした。

現在もまだ交渉が行われていると一部では報じられていましたが、新たな情報によるとソニー・ピクチャーズCEOがスパイダーマンの離脱を決定づけるようなコメントをしたと伝えられています。

『ソニー・ピクチャーズにも素晴らしい人々がいる』

ソニー・ピクチャーズのCEOであるトニー・ビンチーケラ氏は海外メディアのVrietyのインタビューに答え、スパイダーマンがMCUから離脱することが確定的になったことを示唆するコメントをしています。

Sony Pictures Chief on Spider-Man Split: ‘For the Moment the Door is Closed’

『(マーベル・スタジオのスパイダーマン映画製作について)すでに扉が閉ざされています。(中略)スパイダーマンの映画でケヴィン・ファイギと素晴らしい仕事をしました。(中略)私たちは今回の問題を解決する方法があるかどうか試して満たした・・・。マーベルの人々は素晴らしく、大変尊敬もしていますが、一方で私たち自身にも素晴らしい人々がいます。

『扉が閉ざされている』というコメントから、2社の交渉がすでに終了してしまったのではないかと考えられます。しかもCEOの発言となるともう受け入れるしかないです。

マーベルスタジオやケヴィン・ファイギ氏の功績をたたえるとともに、自社のクリエイターたちにも自信があるといったコメントをしています。

スパイダーマンのキャラクターを使った『ヴェノム』『スパイダーマン:スパイダーバース』の2作品は予想以上の大ヒットを記録しており、その腕は確かだとは思います。

ただスパイダーマンの単独映画はMCUの世界に存在しているからこそ大ヒットを記録したのではないかというのが個人的な考えです。
また『ファー・フロム・ホーム』では次回作に続く大きな伏線を残していただけに、それが回収されなければファンとしても非常に不満がたまる結果になりそうです。

果たしてソニー・ピクチャーズは単独でスパイダーマン映画を成功させることができるのでしょうか?今後の情報に注目です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!