ソニー・ピクチャーズ代表、新作『スパイダーマン』映画に言及 ー 「製作にかかることを望んでいる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして三部作が完結したトム・ホランドの『スパイダーマン』シリーズは、今のところ新作のアナウンスはされていないく、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のラストを見届けたファンはヤキモキする毎日だ。

そんな中でソニー・ピクチャーズ代表のトム・ロスマン氏は海外メディアのDeadlineのインタビューのなかで、今後のスパイダーマン映画の製作について元気級をした。

『「アンチャー・テッド」「ジュマンジ」3つのマーベルビジネスである「スパイダーマン」があります。 現在はスパイダーマン自体の映画と、オスカーを受賞したアニメ映画の『スパイダーバース』の2つの続編に取り組んでいます。主とクリス・ミラーーと一緒に働いています。次のスパイダーマン映画に取り掛かることを望んでいます。 』

詳しいことについては言及していないが、今後の予定として控えている作品にあげているものの中に『スパイダーバース』の2つの新作を含めたスパイダーマンの映画シリーズがあることを示唆している。

ソニー・ピクチャーズはこの他にもソニーズ・スパイダーマン・ユニバースとして『クレイヴン・ザ・ハンター』『マダムウェブ』の製作に取り組んでおり、さらには『ヴェノム3』の製作も決定したとされている。

これらのスパイダーマンに関する作品も多く製作していることから、やはりメインであるスパイダーマン自身の映画はまだ続けていきたいのがソニー側のとしての本音だろう。

もちろんファンもそれを望んでいるが、いまのところ公式に『スパイダーマン4』のアナウンスはされていない。ただプロデューサーのエイミー・パスカル氏も製作に意欲を示すコメントもしていたことから、可能性としては十分あり得るだろう。

すべての人間に忘れ去られてもスパイダーマンとして活動していくことを決意したピーター・パーカーの今後の物語はどのようになっていくのだろうか?新三部作となれば世代交代をするような流れにも期待をしたいところだ。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はデジタル配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。