キアヌ・リーブス、スパイダーマンスピンオフ『クレイヴン・ザ・ハンター』出演か - 正式オファーの情報

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズが計画しているスパイダーマンのスピンオフ映画『クレイヴン・ザ・ハンター』。あまり音沙汰の無い映画となっているが、ここにきて突然大きなニュースが入ってきた。

出演は未確定

海外メディアのイルミナディなどの複数のメディアによると、ソニー・ピクチャーズが新たなマーベル映画『クレイヴン・ザ・ハンター』の主演にキアヌ・リーブスへ出演オファーをしていると伝えている。

KEANU REEVES FORMALLY OFFERED THE ROLE OF KRAVEN THE HUNTER IN SOLO FILM: EXCLUSIVE

このオファーはまだ成立はしていないとしているため、キアヌの出演が確定したものではないとのこと。

以前からもキアヌ・リーヴスのアメコミ映画参戦のニュースは幾度も報じられてきたが、今回はついにオファーに関する情報というの注目だろう。

キアヌ・リーブスといえば現在自身が主演する大人気映画の続編『マトリックス4』『ジョン・ウィック4』の製作に取り組んでいる真っただ中。ハリウッドのなかでも超引っ張りだこな俳優だ。
過去を振り返るとキアヌ・リーブスが出演したアメコミ映画といえばDC映画『コンスタンティン』が有名だろう。もし今回のオファーが事実であり、出演が実現すればそれ以来の本格的なアメコミ映画となる。

クレイヴン・ザ・ハンターはスパイダーマンの世界に存在するヴィランであり、世界最高峰の狩猟として活動しながら、スパイダーマンをその対象として狩るために執念を燃やしているキャラクターだ。
映画化が実現すれば『ヴェノム』『モービウス』に次ぐ3シリーズ目のソニー製マーベル映画シリーズとなり、MCUシリーズとの合流にも期待したいところだ。

ちなみにマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏の2019年のインタビューによれば、キアヌ・リーブスに対して「いつ参加するかはわかりませんが、正しい方法を見つけたいと思っています」とコメントしていた。今に思えば少し引っかかる発言でもあることがうかがえるだろう。

果たしてキアヌはマーベルの世界に参戦することになるのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする