ソニー・ピクチャーズ、自社マーベル映画を『Sony’s Spider-Man Universe』に決定 ー 正式にスパイダーマンがメインに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズが展開しているマーベル映画は、主にスパイダーマンに関連した作品となっているが、今回ようやくシリーズに正式名称がつけられることが、CinemaConのソニー・ピクチャーズのプレゼン内で明らかになった。

Sony’s Spider-Man Universe Is Official Title For Non-MCU Marvel Movies

ソニー・ピクチャーズのマーベル映画は今後『Sony’s Spider-Man Universe(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)』というシリーズ名として展開されることとなった。
名前を見てわかる通り正式にスパイダーマンをメインにおいて、改めてその存在感を増したといったところだ。

ソニー・ピクチャーズはスパイダーマンやそれに関連したキャラクターの映像化権を所有しており、それらの映像作品はソニー・ピクチャーズでしか製作することはできない。
一方でトム・ホランドが主演するMCUシリーズのスパイダーマンは、ソニーが出資し、製作をディズニーやマーベル・スタジオが行うことで実現した、共同制作作品という位置づけになっている。

一時は利益の按分で揉めたこともあったが、現在は良好な関係になっている模様だ。

「Sony’s Spider-Man Universe」はスパイダーマン以外にもすでに『ヴェノム』を2018年に公開しており、以降も続編の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』、ジャレッド・レト主演の『モービウス』、アーロン・テイラー=ジョンソン主演の『クレイヴン・ザ・ハンター』、アニメ作品の『スパイダーマン:スパイダーバース2』の公開を控えている。またAmazon Primeではドラマ『シルク』も配信されるとされている。

このようにスパイダーマン以外のキャラクター作品も積極的に製作しており、ソニー・ピクチャーズが今後さらに本腰を入れてユニバース展開をしていくとみられる。

MCUシリーズとの関係も含めて、今後の「Sony’s Spider-Man Universe」の展開に注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする