ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース新作『エル・ムエルト』が製作へ ー 主演はラッパーのバッド・バニー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズが製作する新たなスパイダーマンのスピンオフ映画として『エル・ムエルト』が製作されることがイベントの「CinemaCon」のプレゼンテーションのなかで公式に明らかになった。

映画は現在製作中であり、主演にはラテン系ラッパーバッド・バニーが出演することも明らかになった。
バッド・バニーは以前に「Yonaguni」という日本語リリックも入った楽曲を披露したことでも話題となっている。

公開日や監督などの詳細な情報は明らかにされていないが、ソニーズ・スパイダーマン・ユニバースとしてはヴェノム、モービウス、クレイヴン・ザ・ハンター、マダムウェブに次ぐ5人目のスピンオフ作品となる。

エル・ムエルトことフアン・カルロス・サンチェスは、コミックではチャリティーレスリングの超強力なプロレスラーとして登場してスパイダーマンと戦った。その後二人はチームを組んでエル・ムエルトのヴィランであるドラドを倒した。
一方でそこまで知名度のあるキャラクターではないため、ソニーがどのようにしてこのキャラクターをハリウッド映画の主人公として描き出すか注目である。

ソニーは次に『クレイヴン・ザ・ハンター』を2023年1月13日に、『マダムウェブ』を同年7月7日に全米公開を予定している。今後『エル・ムエルト』の新たな情報が入り次第お知らせしていく。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。