単独映画版『ジョーカー』はR指定映画に?ヌード表現が描かれるとも

単独映画版『ジョーカー』はR指定映画に?ヌード表現が描かれるとも

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ホアキン・フェニックスが主演で撮影が進められていく予定のDCコミックス映画『ジョーカー』
独立した世界観で展開される今作は、ほかのDC作品とも異質な作品となるようです。

よりダークな作風に?

海外メディアは、単独映画『ジョーカー』について新たな情報を報じており、映画がR指定のハイターゲット層を狙っていることを伝えています。

‘JOKER’ TO BEGIN FILMING ON SEPTEMBER 22ND IN NYC – WILL IT BE R-RATED?

記事では映画の中で女性のストリッパーのシーンが登場すると報じており、それが理由にR指定映画となると書かれています。
トッド・フィリップス監督自身もR指定映画を撮ることが多く、今回のニュースはそこまで驚くべきもではないとも書かれています。

20世紀FOXの『デッドプール』『ローガン』はじめとしたヒーロー映画のR指定の成功から、DC映画でもその波が押し寄せてきているのかもしれませんね。

また『ジョーカー』のテーマには「社会から見捨てられた男」というものがあり、よりダークな作風が求めらています。そこにR指定というのはある意味必然なのかもしれませんね。

『ジョーカー』は9月22日より撮影が開始され、12月から2019年2月まで行われるといわれています。公開は2019年10月4日より全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!