スクラル、『キャプテンマーベル』に先駆けて『X-MEN』に登場か?

      2018/03/28

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

マーベルの悪の異星人・スクラルは、2019年公開予定の映画『キャプテンマーベル』にて登場することが判明しています。
しかしそれは少し早くなるかもしれません。

『X-MEN:ダークフェニックス』にスクラル登場か?

海外メディアComicbook.comによると、スクラルは『キャプテンマーベル』よりも早く、今年12月公開の『X-MEN:ダークフェニックス』に登場すると報じています。
'X-Men: Dark Phoenix' Rumored To Introduce Skrulls Before 'Captain Marvel'

詳細な情報は少ないため、スクラルがメインのヴィランなのか、それともカメオ出演になるのかは不明とのこと。

スクラルというキャラクター(たち)は、実際にマーベル・スタジオにキャラクターの権利がありますが、いくつかのキャラクター(スーパースクラルなど)は20世紀FOXに権利があり、スクラル全体でみると2社でシェアしている状態となっています。

もちろん数か月後には20世紀FOXがマーベル同様にディズニー傘下になるため、実質的には1つに集約はされますが、映画公開時点ではまだ別会社となるため、スクラルがX-MENシリーズやMCUシリーズに共通したキャラクターになるのかはわかっていません。

しかし前例を見ると、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ではスカーレット・ウィッチクイックシルバーという2人のX-MENキャラが登場。そのうちクイックシルバーに関しては同名のキャラが2つのシリーズに登場する現象が起きています。
MCU版クイックシルバーに関しては『エイジ・オブ・ウルトロン』のみの登場ではありましたが、このような”クイックシルバー現象”がスクラルにも起こるかもしれませんね。

いまのところX-MENシリーズとMCUがクロスオーバーする可能性について、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は「まだ考えていない」と語っています。
しかし将来的にクロスオーバーすることは考えられますので、今回のことが本当ならば今後どのように対処していくのかも注目していきたいところです。

『X-MEN:ダークフェニックス』は2019年2月14日より全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!