『シン・ウルトラマン』ビジュアルが公開 - 成田亨氏デザインが原点に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

円谷プロが送る最大の話題作になるであろう映画『シン・ウルトラマン』。主演には斎藤工さんを迎えて、企画・脚本には『エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』の庵野秀明さん、監督には樋口真嗣さんがメガホンをとります。

そんな映画に登場するウルトラマンのビジュアルが初公開されました!

見ての通り、胸にあるはずのカラータイマーがなく、異様に長い腕と脚が特徴的な、一見不気味な姿のウルトラマン。異星人を彷彿とさせるような衝撃的なビジュアルとなっています。

実はこのウルトラマンは成田亨さんが描いた油絵作品『真実と正義と美の化身』がコンセプトデザインであることを庵野さんが明かしています。

その絵のウルトラマンの胸にはカラータイマーが存在せず、のぞき穴用の目の黒い点や背びれも存在しないデザインとなっています。『シン・ウルトラマン』はまさにそのコンセプトをそのままビジュアル化しているといえるでしょう。

ストーリーについてはいまだに明かされておらず、まだまだ謎のが多い今作。果たして新たな時代のウルトラマンはどのような作品になっていくのでしょうか?今後の情報に注目です。

『シン・ウルトラマン』は2021年に公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする