『シルバー&ブラック』ついに脚本家決定!SF作品を得意とする2名が執筆!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ソニー・ピクチャーズが製作を進めているスパイダーマンユニバースの第2弾作品『シルバー&ブラック』の脚本家がついに決定!
海外メディアHollywood Reporterが伝えています。

Gina Prince-Bythewood, who wrote and directed 'The Secret Life of Bees,' is helming the Marvel-based feature project.

今回脚本に就任したのは、2018年公開の『トゥームレイダー ファースト・ミッション』や、マーベル・スタジオの2019年公開予定『キャプテンマーベル』を手掛けるジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレット氏と、2020年公開予定の『ゴジラVSコング』を手掛けるリンジー・ビアー氏

どちらもSF作品を得意とする脚本家で、『シルバー&ブラック』でも期待のできる采配となりました。

またリンジー・ビア氏のツイッターには現在の脚本の状況も投稿されています。


『私たちはもう脚本のドラフトはできているわ。ジーナ(監督)が仕上げをしているわ。』

以前には脚本家の交代もあったといわれているが、ようやく完成に近づいているようです。

『シルバー&ブラック』は今年の3月には撮影が開始されるとみられ、その準備も着々と進められているみたいですね。
しかし依然としてキャストは不明。作品自体の詳細な情報も明らかになっていません。

先日にはソニー・ピクチャーズのスパイダーマンユニバースの第1弾となる『ヴェノム』の予告編が解禁されていましたが、本作がヴェノムとどの程度のつながりがあるのかはわかっていません。しかし同じ世界観で描かれるとすれば、ある程度そのことを匂わす演出がされるかもしれません。

いずれにしてもプロジェクトはしっかり進行中のようです。

『シルバー&ブラック』は2019年2月8日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!