【保存版】S.H.フィギュアーツ「マーベル」アイテムのレビューを総まとめしてみた!【2019年】

      2019/02/17

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

当ブログ「FRC」では多くのフィギュアをレビューしていきましたが、その中でも圧倒的に多いのがバンダイスピリッツから発売されている「S.H.フィギュアーツ」
シリーズ開始当初の2008年あたりから集め始めていますので、かれこれ10年ほどになっていますね。

その中でもここ数年で熱いのはマーベル!!
『アベンジャーズ』『アイアンマン』をはじめとしたMCUシリーズに登場するヒーローやヴィランのキャラクターをS.H.フィギュアーツでは数多く商品化しています。もちろん管理人ゆとぴも数多く買いあさってきました。

そんなフィギュアーツのマーベル商品ですが、数が増えてきたこともあり今回の記事で当ブログのS.H.フィギュアーツ マーベル所品のレビュー記事を総まとめしていこうと思います!
観たいレビューが探しにくいと思っていた方にはもってこいの記事です!もちろん保存版なので、今後もレビュー記事が増えたら更新もしていく予定なので、ぜひチェックしてみてください!

アイアンマン

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク7

しょっぱなから一番発売された数の多いアイアンマンから見ていきましょう。
S.H.フィギュアーツでは映画本編でメインで活躍したアーマーはほぼほぼ発売されていますね。『アイアンマン3』に登場したマーク8~マーク42も今後発売される兆しなので、この勢いは止まることはなさそう!

ほんとに多い!!映画に登場したアーマーから、トニー・スターク、ホール・オブ・アーマー、限定アイテムまで幅広くレビューしてきました。
特にホール・オブ・アーマーの迫力は凄かったですねぇ。

S.H.フィギュアーツ ホール・オブ・アーマー

S.H.フィギュアーツ ホール・オブ・アーマー

あるのとないのじゃ全く遊びの幅が違うからめっちゃオススメです。(横に並べられるほどの広いスペースがほしい)

またハルクバスターに関してはS.H.フィギュアーツと超合金のコラボアイテムとして発売されています。

S.H.フィギュアーツ 超合金 ハルクバスター マーク2

ゆえに所々にダイキャストが使用され、ずっしりした重さになっています。また各所にLEDが仕込まれいるので、胸のアークリアクターや目が発光するのが男心をくすぐります!!

S.H.フィギュアーツ 超合金 ハルクバスター マーク2

やっぱりライトアップギミックって最高だなって改めて思いました。
ちなみにFRCではレビューをしていませんが、ハルクバスター マーク1もS.H.フィギュアーツ×超合金で発売されています。

僕は買いのがしたのですが、メディコム・トイのMAFEXから発売したハルクバスターの方をレビューしたので、そちらもぜひぜひご覧くださいませ。

またアイアンマン本体以外の拡張パーツも発売されます。

記事執筆段階ではまだ発売されていないので、レビューしましたら紹介します!

ただバンダイのアイアンマン マーク50のナノウエポンセットだけでは劇中の再現には不十分だったので、個人製作のナノウエポンセットのレビューもしたりしました。

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク50 ナノウエポンセット

このアイテム最高すぎだから一見すべしですよマジで!

最後に『アイアンマン3』に登場したマーク8~マーク41のアーマーもいくつかのイベントで参考出品されてきました。

大阪で開催されているマーベル展ではホットロッドが先行発売されているのですが、これは手に入れることできるかな。。。

ウォーマシン

S.H.フィギュアーツ ウォーマシン マーク3

続いてはアイアンマンことトニー・スタークの相棒であるウォーマシン!数は今のところ多くはありませんが、外せないキャラですし、無骨なデザインが堪らなくかっこいいので、紹介します!

記事執筆当時ではまだ『シビルウォー/キャプテンアメリカ』に登場したウォーマシン マーク3しかレビューしていませんが、今後『インフィニティウォー』に登場したマーク4のレビューをする予定です!

このほかFRCでレビューしていないアイテムとしては、ウォーマシン マーク1マーク2アイアンパトリオットが発売済みです。こっちもいつか欲しい!

キャプテンアメリカ

S.H.フィギュアーツ キャプテンアメリカ アベンジャーズ インフィニティウォー

続いては我らがヒーローのキャプテンアメリカ!個人的にはマーベルヒーローでキャプテンアメリカがダントツで好きなので、もちろんレビューしています!

先にアイアンマンを紹介してしまうと少なく感じますが、これが平均ですw
フィギュアーツのキャプテンは『エイジ・オブ・ウルトロン』『シビルウォー』『インフィニティウォー』の3タイプが発売しています。
顔が似ているかといわれると微妙なところですはありますが、年々造形は向上してきています。特にインフィニティウォー版はスタイルが大幅に改善されているので、かなりおすすめです!

また魂コミコン東京コミコン2018では、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』に登場したマスコットスーツ版のキャプテンと、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に登場した際のキャプテンアメリカが参考出品されています。こちらの商品の発売も非常に楽しみですねぇ。

バッキー(ウィンターソルジャー)

S.H.フィギュアーツ バッキー アベンジャーズ インフィニティウォー

次はキャプテンアメリカの相棒であり親友のバッキー

執筆当時はバッキーはS.H.フィギュアーツで発売されたのはインフィニティウォー版1体のみ。顔が似ているかといわれればうーん・・・。もうすこし努力してほしいところですね。

ちなみに東京コミコン2018では『ウィンター・ソルジャー』版のバッキーも参考出品されていました。こちらも発売してほしい・・・。

ファルコン

S.H.フィギュアーツ ファルコン アベンジャーズ/インフィニティウォー

最後はキャプテンのサイドキックスであるファルコン!翼がかなり大きく、迫力もあるアイテムです!

S.H.フィギュアーツ ファルコン アベンジャーズ/インフィニティウォー

発売前は心配されていた顔ですが、実際に発売した商品では結構似ていましたね。

S.H.フィギュアーツ ファルコン アベンジャーズ/インフィニティウォー

とにかくこの3人がそろえられたのは素晴らしすぎる!

ハルク

S.H.フィギュアーツ ハルク アベンジャーズ インフィニティウォー

続いては緑の巨人・ハルク!もちろんS.H.フィギュアーツでもハルクは発売されていますのでご紹介していきます!

『エイジ・オブ・ウルトロン』版のハルクはそこまで劇中に寄せて作られたものではないので、特に顔の造形はそこまで似ていません。ただ遊びやすさとしてはダントツ!動かしやすくポージングもさせやすいので、買って損はしないと思います!

『ソー ラグナロク』に登場した鎧をまとうグラディエーターハルクは、より劇中に近い造形で顔の迫力もしっかり再現しています!

S.H.フィギュアーツ ハルク ラグナロク

大型のアックスとハンマーを持たせることができるので、劇中でのソーとの対決を再現できるのは実に楽しい!
鎧の分、動かしにくくはなってしまいましたが、それを補完できるほどクオリティーは高くなっています。

S.H.フィギュアーツ ハルク アベンジャーズ インフィニティウォー

『インフィニティウォー』版のハルクは、AoU版の動かしやすさと、グラディエーターハルクの造形を踏襲して、非常にハイクオリティーなアイテムになっています!
動かしやすくて、そっくりって最高すぎませんかねぇ。サノスとの対決も再現できてかないオススメしたいアイテムです!

現時点では東京コミコン2018に展示されていた『アベンジャーズ』版ハルクの参考出品がされていたので、そちらの発売にも期待したいところです!

ソー

S.H.フィギュアーツ ソー ラグナロク

続いてはアスガルドの雷神・ソー!アイアンマンやキャプテンアメリカ、ハルクに並んでアベンジャーズのビッグ4として人気の高いキャラクターです!

現在は『エイジ・オブ・ウルトロン』版『ソー ラグナロク』版が発売されています。

AoU版は目線を差し替えで変えることができるギミックが地味によかったですね。『ラグナロク』版はデジタル彩色による初のソーということで、顔の造形は素晴らしい!メットが外せないのは残念でしたが、クオリティーに関しては申し分ないぐらいよくできているのでオススメです!

S.H.フィギュアーツ ソー アベンジャーズ/インフィニティウォー

そして待ちに待った『アベンジャーズ/インフィニティウォー』に登場したソー!劇中でのMVPともいうべき活躍をしてくれたので、最高にかっこいい!

S.H.フィギュアーツ ソー アベンジャーズ/インフィニティウォー

頭部の造形に関して、めちゃくちゃ似ているのでまさにおすすめのアイテムです!

他にも『アベンジャーズ』版ソーの参考出品もされていました。初期の衣装を身にまとったソーでもあるので、こちらもぜひとも欲しい!

ロキ

続いてはロキ!高い人気を誇るキャラですが、今のところフィギュアーツでは発売されたことがありません。
ただ東京コミコン2018のバンダイブースでは、『アベンジャーズ』版のロキが参考出品されていますので、希望は残っていますよ!!かなり期待です!

ドクターストレンジ

S.H.フィギュアーツ ドクターストレンジ アベンジャーズ/インフィニティウォー

続いてはみんな大好きドクターストレンジ!僕もキャプテンアメリカに次ぐぐらいに好きなマーベルヒーローです!

現状では単独映画版と『インフィニティウォー』版の2種類がS.H.フィギュアーツで発売されています。
ただどちらも基本的には同じ。顔の塗装や付属品が若干異なっています。顔の造形は及第点といったところかな?

S.H.フィギュアーツ ドクターストレンジ アベンジャーズ/インフィニティウォー

『インフィニティウォー』版にはスリングリングによって開けられたワープホールのエフェクトシートや、より劇中に近い模様の魔法陣シートが付属し、なおかつ一般販売だったので入手しやすかったですね。

せめて浮遊マントが布だったらまだ遊びやすかったかなーとおもいますね。今後単独映画の続編が公開されたら改善されたアイテムが発売されるかもしれません。そこに期待をしましょう!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

続いては人気作品の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャラクターのアイテムを見ていきましょう!

スターロード

S.H.フィギュアーツ スターロード アベンジャーズ/インフィニティウォー

まずは主人公のスターロード
フィギュアーツのスターロードのクオリティーは本当に素晴らしい!特に顔の造形はトップクラスにそっくり!小さいながら演じるクリス・プラッドの表情や髪型をしっかり再現しているのが素晴らしすぎます。
顔以外の体の造形も悪くなく、買って損はしないアイテムです!

今のところ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』版と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の2タイプが発売済み。
基本はどちらも同じではありますが、Tシャツのデザインが異なっているのは芸が細かい!

S.H.フィギュアーツ スターロード ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

S.H.フィギュアーツ スターロード アベンジャーズ/インフィニティウォー

またマスクはリミックス版がノーマルで、インフィニティウォー版が目の部分が光っているような塗装になっています。
このマスクの造形も抜かりなく作られていますよー!

最後にバンダイスピリッツのイベントである魂コミコンでは、1作目『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場したロングコートを着たスターロードも参考出品されていました。ウォークマンもついているあたり、ファンとしては確実に発売してほしいところですねぇ。

ロケット&グルート

S.H.フィギュアーツ ロケット・ラクーン グルート

続いては『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のマスコット的存在のロケット・ラクーンとグルートです!
小型アイテムながらこちらも抜かりなく立体化されているので、注目です!

ロケットは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』版と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』版の2タイプが発売済み。
グルートは単体での発売はまだなく、リミックス版のロケットに付属する形でベビー・グルートが付いていました。

S.H.フィギュアーツ ロケット・ラクーン グルート

ベビー・グルートも付属品ながら2タイプ付属していますし、小さいながらリアルな塗装なのは素晴らしい!無くさないように注意は必要ですが笑

S.H.フィギュアーツ ロケット・ラクーン アベンジャーズ/インフィニティウォー

インフィニティウォー版のロケットは、リミックス版と基本は同じなものの、グルートが無い分大型ブラスターガンが付いています!
ロケットの小さいな体で大きな武器を抱えるイメージが強かったので、こちらは非常に良いアイテムですよー!

ちなみにスターロード同様に魂コミコンでは1作目のオレンジスーツを着たロケット・ラクーンの参考出品もされていました。こっちの発売はあるのかな?

またグルートに関しては大人のグルートと、インフィニティウォー版の通称ジュニアグルートが参考出品されていました。
どちらも映画の中で印象的な活躍をしてくれたので、これはかなりほしいアイテム。特にジュニアグルートはソーのストームブレイカーと合わせて、覚醒シーンの再現もしてみたいですw

最後にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーからはネビュラも参考出品されていましたが、こっちの発売はあるのかな?

ブラックパンサー

S.H.フィギュアーツ ブラックパンサー アベンジャーズ/インフィニティウォー

続いては2018年大きくヒットした作品の『ブラックパンサー』
もちろん人気ヒーローもS.H.フィギュアーツで発売されています!

フィギュアーツのブラックパンサーは『シビルウォー/キャプテンアメリカ』版と、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』版の2タイプが発売しています。後者はスーツが共通している単独映画版としてもとらえることができますね。

どちらもシンプルなながら筋肉質なスタイルをしっかり再現しており、細かいスーツの模様も造形されているのは素晴らしいですね。可動域は申し分ないぐらい動かすことができます!

ブラックパンサー特有の大胆なアクションを楽しむことができるので、めちゃオススメです!

魂コミコンでは紫に発光するスーツと、ティ・チャカの素顔ヘッド付きのフィギュアーツが参考出品されていました。こっちは発売するのかな?

ティ・チャカの素顔ヘッドといえばメディコム・トイのMAFEX版もチェックした方が良いですよー!こっちはさすがMAFEXといわんばかりの顔の造形に注目です!
演じるチャドウィック・ポーズマンにそっくり過ぎるので、僕はこっちも買います!!!!

スパイダーマン

S.H.フィギュアーツ スパイダーマン ホームカミング

続いてはマーベルの中でも屈指の知名度を誇るスパイダーマン!こちらもしっかりフィギュアーツで展開されています!
基本はMCUシリーズのトム・ホランドが演じたバージョンのスパイダーマンとなっています。

今のところ『ホームカミング』版スーツと、ホームメイド版スーツ、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』に登場したアイアンスパイダーの3タイプが発売済み。
どれも基本は同じ素体を使用していますが、非常に可動域が広く、スパイダーマンらしい手をついたポージングも自然に決めることができます。

スパイダーウェブを使ったスイングポーズも可能です!ウェブの種類も豊富なので、いろいろな状況のシーンを再現できたりすのが良い点ですね。

S.H.フィギュアーツ スパイダーマン ホームメイドVer.

個人的にはホームメイド版のスーツが好きですねぇ。しっかりフードをかぶった状態も再現できるのは嬉しいポイント!

S.H.フィギュアーツ アイアンスパイダー

アイアンスパイダーにも特徴的な4本脚のピンサーが付いてきます。それぞれ独立可動もするのでポージングはよりダイナミックになりました。

ただMAFEX版も負けていなく、こちらはスーツの質感によりこだわっているのでこちらもチェックしてみることをオススメします!ちなみに僕は買います!!

アントマン

S.H.フィギュアーツ アントマン

次はMCUの癒しキャラであるアントマン!こちらも単独映画も順調に好成績を上げ、多くのファンを作ったヒーローの1人ですね。フィギュアーツでもしっかり立体化してくれています!

現在は『シビルウォー/キャプテンアメリカ』版と『アントマン&ワスプ』版の2タイプが発売済み。どちらも一般販売という良心的な販売方法でした。

どちらもスーツのデザインは異なりますが、基本素体は同じ。ただアクション性は非常に高かったので、アントマンらしい走る姿などをリアルに再現することができます!

S.H.フィギュアーツ アントマン ダンゴムシ

S.H.フィギュアーツ アントマン アイアンスパイダー

虫繋がりでダンゴムシと絡めたり、スパイダーマンと絡めたりしました笑

ワスプ

ワスプはプレミアムバンダイで限定発売としてフィギュアーツ化されています!
こちらも到着し次第レビューするので、少々お待ちを!

ブラックウィドウ

S.H.フィギュアーツ ブラックウィドウ アベンジャーズ/インフィニティウォー

続いてはアベンジャーズの初期メンバーであるブラックウィドウ!彼女は単独映画こそないものの、シリーズの最初期から登場しているヒーローということで、もはやベテランといった頼りがいのあるキャラクターになっていますね!

そんなブラックウィドウは『エイジ・オブ・ウルトロン』版と『インフィニティウォー』版の2タイプが発売済み
どちらも髪型やスーツが大きく異なるスタイルのため、印象ぼだいぶ違って見えますね。

特にインフィニティウォー版は髪色がブロンドになったこともありますが、顔の造形がAoU版よりも向上している点が推しポイントですね。

S.H.フィギュアーツ ブラックウィドウ アベンジャーズ/インフィニティウォー

表情も差し替えで変更できる点はかなり嬉しい。戦闘シーンに合わせて雰囲気のある顔になってくれるのはポージングしてても楽しくなります!

ホークアイ

S.H.フィギュアーツ ホークアイ アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

続いては弓矢の達人・ホークアイ!
もはや知らない人はいないほどのアベンジャーズでの人気キャラとなったホークアイ。初期メンバーではありますが、『インフィニティウォー』で登場しなかったのは残念でしたね。『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのローニンとしての活躍も期待!

ホークアイは今のところ『エイジ・オブ・ウルトロン』版のみ発売しています。
フィギュアーツのホークアイですが、そのクオリティーはほかのアイテムをはるかに超えるほどよくできています。特に顔の造形は素晴らしいですね!

S.H.フィギュアーツ ホークアイ アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

ここまで似ているのも珍しいぐらい、本当にそっくりです。そしてかっこいい!

今後はローニンとしてもう一度S.H.フィギュアーツで発売してほしいですがどうなるのかな?

ヴィラン

マーベルはヒーローだけではありません!悪役のヴィランたちにも魅力的なキャラはたくさんいます!
まだまだ数は少ないですが、S.H.フィギュアーツでも発売されていますので、チェックしていきましょう!

サノス

S.H.フィギュアーツ サノス

まずは『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でインフィニティストーンを集め、見事自身の野望を成し遂げた最強のヴィランのサノス
S.H.フィギュアーツのサノスの再現度は非常に素晴らしく、顔の造形はもちろん、ボディの大きさや細かい質感、可動域、そしてインフィニティガントレットの再現もすべてにおいてよくできていました!

可動もさせやすいので、他のマーベルヒーローたちとの対決シーンの再現もはかどりましたねぇ。最高すぎ。
付属品では表情の違う頭部パーツもあるので、プレイバリューも非常に高いです!

マーベルのヴィランとしてはほかにウルトロンがフィギュアーツ化されていますが、そちらはあまり評判がよくないので、レビューはしていません笑
今後ほかのヴィランの発売はありえるのかな?

その他

最後はまだ発売されていない、または予定のアイテムをご紹介していきます!

2019年3月に公開予定の初のマーベル女性単独作品の『キャプテンマーベル』がS.H.フィギュアーツで発売
東京コミコン2018で初お披露目されていますが、全体的に良好な出来のアイテムなため、これは絶対手に入れいたい!ちなみにスターフォース版のキャプテンマーベルもありましたので、こちらも今後発売するかが注目ですね。

次はまさかのフィル・コールソン
MCUにはフェイズ1の作品に複数回登場し、その後はドラマ『エージェント・オブ・シールド』の主人公として現在も活躍している人気キャラクターです。
東京コミコンでは『アベンジャーズ』版のコールソンが展示されていました。もし発売されるならこのままドラマ版のヒーローたちのフィギュアーツ化も狙っていってほしいとところですね笑

次はSHILEDの長官であるニック・フューリー!こちらは魂コミコンで初めて参考出品されていました。
コールソンと合わせてSHILED関連のキャラクターのフィギュアーツ化は嬉しいですねぇ。今のところ続報がないので、また新たな情報入り次第お知らせいたします!

最後は最強の呼び声もあるスカーレット・ウィッチ!こちらは『アベンジャーズ/インフィニティウォー』版での立体化で、東京コミコンのバンダイスピリッツブースにて初展示されていました。
まだまだ改良の余地はありそうな感じですが、フィギュアーツでMCUの世界観を再現するには必須なキャラクターですので、ぜひ発売してほしい!その時はせめてヴィジョンも出してくれると嬉しいですね笑

まとめ

ということで、FRCでレビューしてきたS.H.フィギュアーツのマーベル商品の紹介をしてきました!
すでにかなりの数になってはいますが、今後のマーベル人気を考えるとこの数ではとどまらないでしょう。
今後も新たな姿になったヒーローの立体化や、新ヒーローやヴィランなどの立体化過去作への進出など、考えられることは数多くありますので、まだまだ期待ができそうなシリーズです!

今後もFRCではS.H.フィギュアーツのマーベルキャラをどんどんレビューしていきますので、ぜひともチェックしてみてください!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!