『シー・ハルク』脚本家、スパイダーマン関連キャラの登場のアイディアがあった ー 「ダメだとわかってた」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信が開始されたマーベルドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』
今作は主にシー・ハルクやハルク関連のキャラクターに焦点を当てた物語になっているが、脚本家のジェシカ・ガオ氏はアイディアの段階ではスパイダーマンのキャラクターを導入しようと考えていたことを海外メディアのインタビューのなかで明らかにした。

『本当はスパイダーマンがダメだとはわかっていました。スパイダーマンや他のキャラクターを私たちの世界に持ち込むのは楽しいと思いましたが、だいぶ早い段階で却下されてしまったので、先に進むことはありませんでした』

ご存知の通りスパイダーマンの映像化に関する権利はソニー・ピクチャーズが所有しており、マーベル・スタジオが自由に扱うことができないために『シー・ハルク』へのスパイダーマンの登場も叶わなかったのだ。

具体的にどのようなキャラクターの登場を考えていたのかは気になるところではあるが、超人専門の弁護士のジェニファー・ウォルターズだけに、ひょっとすると『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でのマット・マードックのように何らかの関係があったかもしれない。

もちろん今後の作品ではシー・ハルクとスパイダーマンの共演が見れる可能性もあるため、今後の展開には期待をしたいところだ。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。