『シー・ハルク』のデアデビルは”明るくなる”? ー 脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』
今作には予告からも分かる通りチャーリー・コックス演じるデアデビルが登場することがわかっており、Netflixドラマ『デアデビル』から久しぶりのコスチューム姿も披露することになっている。

そんなデアデビルではあるが、元々のドラマがダークで陰鬱な雰囲気の作品だったのに対して、コメディドラマである『シー・ハルク』にどのように適応していくのだろうか?この点について脚本家のジェシカ・ガオ氏海外メディアのインタビューでコメントをしている。

チャーリー・コックスは素晴らしい俳優ですね。彼は何をするにも器用なので、とても優秀な俳優で素晴らしい人間です。私たちのドラマの世界に、非常に劇的で、重く、陰鬱な世界のデアデビルを連れてこられたのはとても楽しいことでした。(中略)そして彼は「シー・ハルク」のトーンに合わせて登場することになり、(明るい側面を)探究しなければならないでしょう。デアデビルの明るい面を見ることができる

正反対の世界観のキャラクターながらも、やはり『シー・ハルク』のトーンに合わせて登場することになるデアデビル。

あまり明るい側面の彼を想像することはできないが、振り返ると『ザ・ディフェンダーズ』などではジェシカ・ジョーンズとの絡みなどからもその一部は見ることができた。
ジェシカよりも確実にコメディ寄りなシー・ハルクとの共演がどのような化学反応を生み出すのか注目だ。

ちなみにデアデビルは今作において黄色のスーツで登場することも明らかになっており、新たな姿でのデアデビルの活躍も楽しみなポイントとなっている。
『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は2022年8月18日よりDisney+ (ディズニープラス)で配信予定だ。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。