『シー・ハルク』、スクラル星人が登場するかも? - 新たなキャスト情報から判明か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

撮影への準備が進んでいるDisney+ (ディズニープラス)ドラマの『シー・ハルク』。主演にはタチアナ・マスラニーが務めることが決まっており、徐々に主要キャストに関する情報も明かされてきている。

そんな今作に出演するキャスト情報にて、あの擬態異星人が登場する可能性が出てきた。

ジャジンダが登場?

海外メディアの情報によると、現在撮影の準備が進んでいるドラマ『シー・ハルク』にて、新しいキャスト募集情報が入ってきた。

MARVEL STUDIOS’ SHE-HULK SERIES ADDING A MYSTERIOUS SHAPESHIFTER TO THE CAST: EXCLUSIVE

募集内容には「変身能力をもつ、ポップカルチャーへ興味関心のある20~30歳ほどの女性キャラクター」を演じるキャストを探しているとのことだ。
注目すべきは”変身能力”という部分だ。これは過去の作品を知っていればスクラル星人の可能性が非常に高いだろう。

スクラル星人は『キャプテンマーベル』にて初登場した、擬態能力を持つ異星人。当初は地球侵略のために来たと思われていたが、クリー星人の虐殺から逃れるために、現れたことがわかった。
その後も『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にて、フューリーに擬態するタロスなどが登場していたため、今後もシリーズにとって重要な存在になることは確実だろう。

ちなみにシー・ハルクとスクラル星人の関係としては、コミックにて親友のジャジンダと呼ばれるキャラクターが登場していた。今愛の情報からその可能性が最も高いといわれている。

もちろんドラマ『シークレット・インベーション』が製作されるため、そちらに関係したキャラクターであることも十分にあり得るだろう。

このように『シー・ハルク』には様々なキャストの噂がされているため、今後の情報にも十分に注目すべきだろう。
今作はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする