『シー・ハルク』にミュータントが登場する? ー 不死のキャラクターの存在が示唆

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『シー・ハルク』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズの新たなヒーローの誕生を描くDisney+ (ディズニープラス)のドラマシリーズ『シー・ハルク』
今作は2022年に配信されると言われており、ドラマ自体の完成も間近であると思われる。

そんな今作に『X-MEN』のあるミュータントが登場するのではないかと海外メディアが伝えている。

※この記事には『シー・ハルク』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

Cosmic Circusの記事によると、俳優のトム・アーチディーコンが『シー・ハルク』のオーディションを受けている映像が手に入ったと伝えている。

映像ではドクター・リバイブというコードネームをもつライアン・スミスというキャラクターを演じており、離婚に関して二人の女性弁護士に相談しているといったオーディション映像だ。
そのセリフの中では関係を終わらせるためにドクター・リバイブが自殺をはかり、そこから蘇ったと話しているシーンもある。

つまり彼は不死の能力を持っており、その能力を使って無理やり関係を終わらせて自由になったとのことだ。

ここから海外メディアは彼がX-MENのキャラクターであるミスター・イモータルを演じているのではないかと推測している。

ミスター・イモータルは不死の能力を持っており、何度でも蘇ることができるが、戦闘能力は常人並で、決して強いわけではない。
同じ不死能力を持つウルヴァリンと比較すると対称的な戦闘能力と言えるだろう。

もちろん今回の情報がどこまで事実なのかは断定することはできず、実際にドクター・リアイブというキャラクターが登場するとしてもトム・アーチディーコンが演じるかどうかはわからない。

ただ『シー・ハルク』にはサプライズキャラクターの登場もウワサされており、その中にはマット・マードック/デアデビルやジェシカ・ジョーンズなんかも挙げられている。

いずれにしても『X-MEN』シリーズは近いうちにMCUシリーズへの参戦すると言われているため、今後の情報には注目をしておこう。

『シー・ハルク』はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。