『シー・ハルク』、新キャストにジャミーラ・ジャミル追加の情報 ー ライバルキャラを演じる?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのドラマ作品として製作が進んでいる『シー・ハルク』。ブルース・バナーの従姉妹であるジェニファー・ウォルターズを主人公となるが、どうやら今作にシー・ハルクのライバル的存在が登場すると海外メディアが伝えている。

ティターニアが登場?

海外メディアのイルミナディによると、『グッド・プレイス』などに出演したジャミーラ・ジャミルが、『シー・ハルク』にsつ都円すると伝えている。

JAMEELA JAMIL JOINS THE CAST OF SHE-HULK AS THE VILLAINOUS TITANIA: EXCLUSIVE

彼女が演じるのはシー・ハルクのライバル的存在であるティターニア。現時点でドラマでの役割はわかっていないが、彼女が登場することはドラマとしても理にかなっているだろう。

コミックでのティターニアはもともとひ弱で内気な性格の女性だったが、ドクター・ドゥームによって超人的な力を獲得。見た目も大きくグラマラスなスタイルへと変貌を遂げていた。

ティターニアが現れればシー・ハルクと同時に彼女のオリジンも描かれる可能性も高いため、ドラマ自体にも見どころが増えていくと同時に、ドクター・ドゥームの存在も明らかにされることもありそうだ。

『シー・ハルク』にはほかにもマーク・ラファロ演じるブルース・バナー/ハルクや、ティム・ロス演じるアボミネーションも再登場予定だ。
ドラマはDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定

関連記事を読む

コメントをする