シャン・チー、カンフー以外の特殊能力を持っている? - プロット案から判明か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズで初のアジア系ヒーロー主人公となる映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』
現在は撮影が一時中断しているが、依然として注目度は高い作品だ。

そんなシャン・チーだが、能力としては基本的にカンフーによる格闘技がメインのヒーローと思われているが、映画ではそのほかの特殊能力も描かれる可能性があることがわかった。

クローン生成能力?

海外メディアのFandomWireは、『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』のプロット案を入手したことを記事の中で報じ、その中でシャン・チーの特殊能力が明らかになったと伝えている。

EXCLUSIVE: Shang-Chi and The Legend Of The Ten Rings Plot Details Revealed

シャン・チーはカンフー以外に、自身を複製するクローン能力を持っていることがプロットから明らかになっている。
その能力に目を付けたマンダリンは、彼が主催する地下トーナメントに参加させ、勝者には自由と映画のタイトルにある”テン・リングス”を受け取るとされている。

地下トーナメントに関しては以前入った情報でも伝えられていたが、クローン生成能力は今回が初めてだ。いわばX-MENのマルチプルマンのような能力なのだろうか?
ちなみにコミックでもクローン生成能力は描かれていたとのことだ。

シャン・チーがこの能力をどのようにして身に着けるのかはわかっていないが、他のマーベルヒーローとは少し毛色の違った能力であるため、どのように描かれていくのかも期待だ。

『シャン・チー』では主演にシム・リウ、マンダリン役にトニー・レオンが出演する。またシャン・チーとは異母姉妹であるファー・ロー・スイ役にオークワフィナが出演するといわれている。映画でのファー・ロー・スイは設定が変更され、姉妹ではなく恋人になる可能性も言われている。

そのほか今作にはどのようなキャラクターが登場し、だれが出演するのかはわかっていないため、今後新たな情報が入り次第お知らせいたします。

『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』は2021年5月7日に全米公開予定

コメントをする