『シャン・チー』、マンダリンの指輪が映画では変更されている? ー 玩具情報から判明か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日待望の予告編が公開され、すでに支持を集め始めているMCUシリーズ最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
今作ではシリーズ当初から暗躍し続けてたテロ組織テン・リングスのボスであるマンダリンが登場してくることがわかっている。

コミックでのマンダリンは不思議な能力を持つ10個の指輪を指にはめているが、どうやら映画版では設定が少し異なることが示唆されている。

リングからバングルに変更?

アメリカのおもちゃメーカーであるハズブロから公開された『シャン・チー』のおもちゃの中には、劇中でトニー・レオンが演じるウェンウー(またはマンダリン?)が腕に付けるバングル(腕輪)のおもちゃが情報解禁されている。

出典:©MARVEL、©Hasbro

5つのバングルが一体化されたおもちゃとなっており、実際に腕につけて付属のディスクを発射することができるというおもちゃとなっている。
箱絵にはウェンウーのイラストが描かれており、腕に5つのバングルをはめていることが確認できるだろう。

このウェンウーがマンダリンであることが予想されているが、どうやら映画では指輪ではなくバングルに変更されているようだ。それはおもちゃのバングルからディスクを飛ばす遊びができることからもわかるだろう。劇中でもバングルからエネルギー放射などが可能になっているとみられる。

また予告編ではシャン・チーたちの周りを浮かぶ水のシーンなども確認され、またバングルがブルーに光り輝く腕が写るシーンなどもあり、やはり指輪からバングルに変更されているようだ。

出典:©MARVEL、©Hasbro

こちらのウェンウーのフィギュアではウォーターエフェクトのようなものを腕に付けており、同じくバングルの力によって操られた状態を再現しているとみられる。

なぜ映画では指輪から変更されてしまったのかわからないが、ビジュアル的にサノスのインフィニティストーンとの差別化をはかるためともいわれている。
いずれにしても劇中でマンダリンがどのような力を使ってい来るのかも注目していきたいところだ。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする