『シャン・チー』、ドラゴン型異星人登場の新たな証拠が発見? - ドラゴンが眠る谷の撮影セットの情報

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズとして初のアジア系ヒーローが主人公となるカンフー映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』
今作については公式情報だけではまだまだ謎の多い作品となっているが、一部ではドラゴン型異星人であるフィン・ファン・フームが登場するといわれている。

そんなフィン・ファン・フームについて新たに登場を裏付けるような撮影セットが目撃さえたと海外から伝えられている。

フームが眠る谷?

海外メディアのマーフィーズ・マルチバースによると、『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』の撮影現場で、巨大な谷のセットが目撃されたと伝えている。

EXCLUSIVE: NEW DETAILS ON FIN FANG FOOM’S LAIR IN ‘SHANG-CHI’

オーストラリアで撮影されている今作の撮影セットでは、大規模なセットが構築されていることが伝えられ、コミックにも登場したフィン・ファン・フームが眠る森の谷である可能性が高いと報告している。

コミックではその谷の周りに村が作られており、ドラゴンが暴れまわるのを阻止しているといわれている。

フィン・ファン・フームの登場自体は以前からも伝えられていたが、物語にどのように関わってくるかは判明していない。
一部ではマンダリンが開催する地下トーナメントの最後の対戦相手として登場するといわれており、シャン・チーと激突することになると予想されている。

カンフーとドラゴンといえば同じくMCUシリーズでもあるNetflixドラマ『アイアンフィスト』に登場した不死龍シャオラオを思い浮かべるが、フィン・ファン・フームとどのような関係にあるかはわかっていない。

今までにないテイストのストーリーになりそうな『シャン・チー』。映画は2021年7月9日に全米公開を予定している。

関連記事を読む

  1. アバター 匿名 より:

    マンダリンとフームが出るなら、ウルティモも出るかな?

コメントをする