『シャン・チー』監督、別の結末の案があったことを明かす ー キャラの生死も変わる?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとしてついに公開され、下馬評を覆すかの如く大ヒットしている映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
アジア人ヒーローに焦点を当てた今作は、今までにないマーベルの世界観でクセになっているファンも増えているようだ。

そんな『シャン・チー』の結末には実は別の案があったことが監督から明らかにされた。

※この記事には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ウェンウーが生存したラスト?

海外メディアのインタビューに答えた『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のデスティン・ダニエル・クレットン監督は、今作でのラストで死亡したウェンウーが生き残っていたパターンが用意されていたと話した。

‘Shang-Chi’ Director Destin Daniel Cretton Talks Alternate Endings and Those Post-Credit Scenes (Exclusive)

はい、ありました。うまくいくものがあれば、いかないものもあります。私たちは常にキャラクターにとって最も本物だと感じるストーリーのバージョンを探しています。』

今作の終盤でのウェンウーは自らが解き放ってしまったモンスターにとらえられ、魂を抜かれたことで死亡している。
意識を失う寸前にはシャン・チーにテン・リングスを受け継ぎ、最後には父親の優しい表情をしてたのも印象的なシーンだった。

そんなウェンウーが生き残っていたストーリーも用意していたというのも驚きだ。まさに”WHAT IF?”なストーリーともいえるだろう。

そのストーリー自体が撮影されたのかはわからないが、少なくとも脚本は用意されていたようにも見える。今後どこかの媒体で解禁されることを期待したいところだ。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日より劇場公開中だ。

関連記事を読む

コメントをする