S.H.フィギュアーツ シャドームーン レビュー

      2015/09/28

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.フィギュアーツ シャドームーンのレビューです。


S.H.フィギュアーツ シャドームーン

BODY:全身

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーンの登場です。まずは全身。
商品化人気投票で上位にランクインした、ファンの多いシャドームーンですので、造形がすごくいいです。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

バストアップ。目はクリアパーツです。顔の造形も完璧。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

体の造形も良い感じ。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

キングストーンの入ったベルト。シルバーであったBLACKと対照的に黒くなっています。

ACCESSORIES:付属品

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

付属品。握り手×2、開き手×2、持ち手×2です。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

サタンサーベル。刀身はクリアパーツです。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

シャドーセイバーの長短です。こちらも刀身はクリアパーツ。

MOVING PART:可動

可動。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

肩パーツは独立可動し、首、腕もよく動きますね。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

腰も良く動きます。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

脚も大きく開きます。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

かかとについているバッタの脚のような装飾も上下に動きます。

ACTION:アクション

ここからポージングを。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

秋月信彦が19歳の誕生日の夜、親友・南光太郎と共に暗黒結社ゴルゴムによって攫われ、身体を世紀王・シャドームーンへと改造された。 秋月教授が乱入した際に深いダメージを負ったため光太郎と共に脱出する事が出来ず、そのまま捕らわれ長期の治療が必要となってしまった。しかし、後に三神官の持つ三つの石の力により復活する。 元々はブラックサンと瓜二つの姿として誕生するはずであったが、前述の事故による治療休眠と石の力による復活の為、その姿はブラックサンと大きく異なる。脳改造まで施されているため、自分が信彦だったという記憶はあるもののその人格は失われており、人類の滅亡とゴルゴム帝国設立、そしてブラックサンとの決着に尽力する。
それまで親友・信彦の救出を悲願としていた光太郎は、この皮肉な宿命に苦悩し彼との戦いを躊躇するが、激しさを増すゴルゴムの侵攻を前に挑戦に応じ、直接対決はTV本編では第47話に初めて実現。このときは実戦経験の不足のためBLACKに苦戦するも、光太郎の心の迷いを衝いた創世王の援護に加え、エルボートリガーによる不意打ちとサタンサーベルの連続斬撃によりBLACKを一度は死に至らしめる。BLACK不在の日本を一度は制圧するまでに至った。
しかし命の水により復活したBLACKと再戦。創世王によりエネルギーを与えられパワーアップし、蘇生して強化されたBLACKをも圧倒したが、BLACKから奪取したバトルホッパーに結局反旗を翻されて特攻を受け、さらにBLACKのパンチとライダーキックでダメージを負う。その後のゴルゴム神殿での決戦時にBLACKのサタンサーベルによる攻撃によりキングストーンに致命傷を受けゴルゴム神殿の崩壊に巻き込まれ瓦礫の下敷きになる。光太郎は彼を死んだものと思っていたが…(wiki引用)

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

歩く時のカチャカチャという音が印象的でした。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

本当に造形が良いので、ポーズが決まります。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

武器もすごく造形が良く、すばらしいです。

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

シャドーパンチ!!

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

S.H.フィギュアーツ シャドームーン

シャドーキック!!

以上S.H.フィギュアーツ シャドームーンのレビューでした。

発売が期待されていた人気の高いキャラクターのため、全てにおいて気合いが入っていることが伺えますね。
大げさに言うと劇中のシャドームーンがそのまま小さくなってフィギュアになったみたいですね。
以前発売されたBLACKと並べると残念さが際立ってしまうので、このクオリティーのシャドームーンと並べられるぐらい出来の良いリニューアル版のBLACKを期待しましょう。

ゆとぴ

オススメ記事

ゆるーくツイートしております。

あわせて読みたい


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です