『シークレット・インベーション』エミリア・クラークの役柄が判明か? ー スクラル星人の重要キャラ

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして現在撮影が行われているマーベルドラマ『シークレット・インベーション』には、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で一躍有名になった女優のエミリア・クラークが謎の役柄でマーベル作品に初参加している。

今現在も公式に彼女の役柄についての情報は発表されていないが、一部の海外メディアによると、どうやらエミリア・クラークはスクラル星人の女王であるヴェランケを演じると報じている。

出典:©MARVEL

これは以前にも似たような情報はあったが、スクラル星人のスパイとの情報でもあったため、今回はまた少し異なる内容となっている。

コミックでのヴェランケはスクラル帝国の崩壊を予言した人物で、後に地球への”シークレット・インベーション”を先導したキャラクターである。
つまり地球側から見ればスクラル星人のヴィランというわけだ。

エミリア・クラークがこのヴェランケを演じるとなれば、ドラマの中でのメインヴィランになる可能性は高そうだ。

一方でMCU世界におけるスクラル星人は『キャプテン・マーベル』のなかで、クリー星人たちに迫害された難民として描かれていた。当初はその擬態能力故に地球人と衝突することはあったが、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ではニック・フューリーにスクラル星人のタロスたちが協力していたり、宇宙の謎の施設で職員として働いているなど、比較的良好な関係性を築いているようにも見えた。

そんなMCU世界のスクラル星人がどのようにして地球侵略を始めてしまうことになるのだろうか?

予想されるのはスクラル陣営の二分化だろう。地球との共存と、地球を新たなスクラル星として侵略する2つの派閥に分かれての争いが起きることは考えられるだろう。

いずれにしてもコミック版とは大きく異る『シークレット・インベーション』になることは間違いなさそうだ。
今作はDisney+ (ディズニープラス)で配信予定

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。