マーベル・スタジオ、すでに『X-MEN』を計画中? ー 海外スクーパーが意味深コメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオは数年前に親会社のウォルト・ディズニー社が20世紀FOXを買収したことによって、FOXが持っていた『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』の権利を実質的に戻すことが出来た。

すでに『ファンタスティック・フォー』についてはMCUシリーズのなかでリブートされることが明らかになっているが、『X-MEN』についたは全くといっていいよほど音沙汰が無い。

このことについて海外のスクーパーのKC Walsh氏は、『X-MEN』がマーベル・スタジオで制作を進めているかのような意味深なコメントをした。

Marvel Studios Rumor Points to Surprising X-Men Plans

『たくさんの製作開始時期に関する情報がありました。「サンダーボルツ」「ノヴァ」「ファンタスティック・フォー」「ブラックパンサー スピンオフ」は2023年、そしてまだ言っていないことがもうひとつあります。それについては今後記事に書くつもりなので、ここではお話できませんが、ちょっとしたヒントをお伝えします。それはとてもクレイジーだ。とても狂っているように思える。』

そしてKC Walsh氏は『X-MEN』のアニメシリーズの曲を鼻歌でハミングした。
この流れ通りに受け取れば彼が隠しているもうひとつのプロジェクトは明らかに『X-MEN』に関わるものだろう。

ただ一方で映画やドラマなどの実写ではなく、アニメシリーズを示唆しているのではないかとも推測されている。
なぜなら彼自身が以前の記事で『X-MEN』の主題歌に関わった人物たちがマーベル・スタジオとミーティングを行い、2023年にアニメ化のプロジェクトが進行中であると共有しているからだ(リンク記事下部分に記載)。

いずれにしても謎めいていることには変わりはないが、まるで最後の大物のように扱うKC Walsh氏の言動からは、アニメシリーズとは到底思えないのも事実だ。果たして『X-MEN』はMCUシリーズ内で制作されるのだろうか?そうだとすれば一体いつになるのだろうか?

今後の『X-MEN』に関する情報には注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする