『ブラックウィドウ』いままでオリジンが描かれなかった理由は? ー スカーレット・ヨハンソンが回答

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのフェイズ4の最初の映画として公開が控えている『ブラックウィドウ』
アベンジャーズの初期メンバーながらも今まで一度も主人公作品がなかったナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウの活躍を描くが、なぜ彼女のオリジンが描かれなかったのだろうか?

その疑問について主演のスカーレット・ヨハンソンが答えてくれた。

「過去に戻りたくはなかった」

海外メディアのインタビューに答えた『ブラックウィドウ』主演のスカーレット・ヨハンソンは、過去にナターシャ・ロマノフのオリジンが詳細に描かれることがなく、また今作でも題材に扱わなかった理由を明らかにした。

Why Black Widow Is Not An Origin Story Marvel Movie

『「シビルウォー/キャプテンアメリカ」の後の出来事を映画にするには良いタイミングだと感じた。私たちは元々(ブラックウィドウの)オリジンストーリーをするつもりはありませんでした戻りたいとも考えてはいなかったので、オリジンストーリーはやりませんでした。

また彼女は物語を前に進めたかったとも話した。

ナターシャ・ロマノフがブラックウィドウとして暗殺者になった理由については詳細に言及されたことはなかったが、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のなかではワンダ・マキシモフによって見させられた幻覚の中で示唆はされていた
加えて今作でもクリント・バートン/ホークアイとの出来事であるブダペストのストーリーも明かされるといわれている。

一方で改めてオリジンに多くの時間を割かれることはなく、そういったっ点では通常の単独映画1作目とは異なるスタートラインに立っているのかもしれない。

ナターシャがなぜ暗殺者から正義のヒーローとしてアベンジャーズに加入し、そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』で自らを犠牲にすることになったのか、その心情についても映画のなかで描かれることに期待をしておこう。

『ブラックウィドウ』は2021年7月8日より劇場公開、7月9日よりDisney+ (ディズニープラス)でプレミアムアクセスとして配信を予定している。

関連記事を読む

コメントをする