『スカーレット・ウィッチ』単独映画の制作は実現せず? ー 計画が変更との情報も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のメインヴィランとして悲劇的な結末を迎えることになったワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ

いままではヒーローとして活躍していたにも関わらず、あまりに不幸な彼女の境遇に同情するファンも多く、単独作品の制作を望む声もあるのだが、海外メディアからの情報によるとスカーレット・ウィッチの単独映画は何らかの理由によって制作されることがないとしている。
少なくとも映画での単独作品の制作の可能性は低いとされている。

どことなく含みを残すような報告だが、Disney+ (ディズニープラス)でのドラマや単発作品ではあり得ない話ではないということだろう。

『ワンダヴィジョン』も彼女の単独作品には数えることができるが、ヴィジョンを失ったあと、そしてダークホールドの石碑を自ら破壊して瓦礫に埋もれたあとの彼女の行方を気になるファンは多いはずだ。

一部では『アガサ:カヴン・オブ・カオス』での登場や、制作のウワサのある『ヴィジョン・クエスト』への登場もあると言われている。

ただスカーレット・ウィッチという人気もあり、強力なキャラクターは今後のマルチバースを舞台にしたバトルでは欠かすことができないキャラクターのはずだ。特に『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』では彼女のドリームウォークの能力などは大きな影響を与えることは間違いない。

おそらくはマーベル・スタジオ側で何らかの計画が用意されているとは思われるが、今後どのような形で発表するかには注目をしておこう。

『ワンダヴィジョン』『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。