サム・ライミ、『ドクターストレンジMoM』で監督決定か? - イベント欠席の理由とは

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオが年内に撮影を開始するといわれている、ベネティクト・カンバーバッチ主演の『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』。人気キャラクターの続編映画として注目を集めていますが、つい先日に前作でメガホンをとったスコット・デリクソン監督が続編製作から降板。現在はスタジオが急ピッチで次期監督を探していると伝えられていました。

そこで名前が挙がったのが『スパイダーマン』3部作を創り上げ、アメコミ映画ブームを作った立役者でもあるサム・ライミ監督
そんなサム・ライミ監督が『ドクターストレンジMoM』でメガホンをとることを裏付けているかもしれない情報が入ってきました。

『ドクターストレンジ2』監督のためイベントを欠席?

海外で開催される予定のイベント、『モンスターマニアコン』の公式アカウントはゲストで出演する予定だったサム・ライミ監督が残念ながら欠席することを公式アカウントで伝えています。

このツイートの文言自体は『撮影のためモンスターマニアコンの出演を延期せざるを得なくなりました。将来の彼の作品を歓迎していこうと思います』といたって普通のお知らせツイートです。

しかしこの前にツイートされていたものにははっきりと『ドクターストレンジ2』の製作のために出演が見送られたことを伝えていました。

Doctor Strange 2 Could Be Starting Production Sooner Than Thought

該当のツイートはすでに削除済みで確認することはできませんが、これはサム・ライミ監督がメガホンをとるということを裏付ける証拠として海外でも注目されています。

そして思ったよりも『ドクターストレンジMoM』の撮影開始が早いことも推測できます。おそらくは5月までには撮影開始されるのではないかと海外メディアが報じています。

サム・ライミ監督が再びマーベル映画でメガホンをとることは、ファンにとっても嬉しいことに違いありません。
ホラーテイストの作品にもなるといわれている『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』は2021年5月7日に全米公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする