サム・ライミ、トム・ホランド版スパイダーマンの製作の可能性に言及 ー 「トビーでなければならない」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

サム・ライミ監督はMCUシリーズの『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』において、2007年の『スパイダーマン3』から実に約15年ぶりのマーベル映画を撮影したことで話題にもなっている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではトビー・マグワイアのスパイダーマンが戻ってきたことでファンの間では幻の『スパイダーマン4』の製作を望む声も高まっている。

一方で海外メディアのロサンゼルス・タイムズのインタビューでは、ライミ監督自身によるトム・ホランド版スパイダーマンの新作の製作の可能性について言及をした。

『私はスパイダーマンが大好きで、トム・ホランドのスパイダーマンも大好きです。しかし私がスパイダーマンの映画を作るとしたら、それはおそらくトビー・マグワイアと一緒でなければならないでしょう、さもなければ命取りになってしまう。』

トム・ホランドのスパイダーマンを評価する一方で、自身では映画を製作することはないとコメントしたライミ監督。逆にトビーのスパイダーマンに対してはまだ愛着があるようなコメントをしているため、やはりファンとしては『スパイダーマン4』の実現は願いたいところだ。

ちなみにホランド版『スパイダーマン』の新作については公式に製作されるといった情報はなく、現状ではどの様になってしまうかは不明だ。一方でソニー・ピクチャーズのプロデューサーがやる気を見せるコメントをしていたり、ソニーズ・スパイダーマン・ユニバースシリーズの展開などもあって、なにかしらの動きはあると予想されている。

サム・ライミ監督が製作に関わることはなさそうだが、また新たなスパイダーマン映画の製作や、幻の『スパイダーマン4』、そして『アメイジング・スパイダーマン3』の製作にも期待をしたいところだ。

ライミ監督が製作した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日より日本でも劇場公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。