サム・ライミ、正式に『ドクターストレンジMoM』の監督に就任! - 『スパイダーマン3』以来のマーベル映画に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

今年の初め、MCUシリーズで大きな期待を寄せられている新作『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』からスコット・デリクソン監督が、「創造上の違い」から本作の製作から降板したニュースが飛び込んできた。

それ以来マーベル・スタジオは急ピッチで新しい監督を探していたようだが、どうやら名前が挙がっていた彼が正式にメガホンをとるらしい。

『ドクターストレンジ』は5番目に好きなキャラクター

2002年にトビー・マグワイア主演で映画化された『スパイダーマン』を皮切りに、合計で3作品の製作を手掛けたサム・ライミ監督が、正式に『ドクターストレンジMoM』の監督に就任したことが本人の口より明らかになった!

Doctor Strange 2: Sam Raimi Confirms He’s Directing

サム・ライミ監督はComickbook.comなどを含めたジャーナリストとの電話インタビューの中で、『スパイダーマン2』JJ編集長がドクター・オクトパスの名前を決める際、候補として”ドクターストレンジ”が挙がったシーンについて尋ねられ、このようにコメントしている。

『私は子供の頃にドクターストレンジが大好きでした。彼はスパイダーマンやバットマンなどの素晴らしいキャラクターの中でも5番目ぐらいに好きでした。彼は非常に独創的でしたが、「スパイダーマン2」でそのシーンを撮った時、まさか自分がドクターストレンジの映画を監督するなんて思いもしませんでした。偶然にも映画にシーンが出てきたのは本当に面白いですね。』

まさかのタイミングで『ドクターストレンジMoM』の監督に決まっていることを明かしたサム・ライミ監督。マーベルファンにとっては非常に嬉しいニュースになることは間違いないでしょう。

前任のスコット・デリクソン監督は、ライミ氏の名前が候補として挙がったニュースを聞いて「私が映画業界で知っている人の中でも、監督して生ける伝説です。ドクターストレンジを引き継ぐには最適でしょう」と高い評価をしていた。

ホラー映画を得意とするサム・ライミ監督と、ホラーテイストになる『ドクターストレンジMoM』の相性は、デリクソン監督言うように非常にマッチしている。

ライミ監督がマーベル映画を撮るのは2007年の『スパイダーマン3』以来となり、撮影は年内に開始と予想されている。
現在は新型コロナウイルスの影響で公開日が2021年11月5日に後ろ倒しされているため、撮影も合わせて遅延していると考えられる。

今作はドラマ『ワンダヴィジョン』『ロキ』とも深い関係にある作品で、メインキャラクターにはスカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)も登場する予定だ。

公開日から考えると実に14年ぶりとなるサム・ライミ監督のマーベル映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』の公開を楽しみにしておきましょう!

関連記事を読む

コメントをする