ラッセル・クロウ、『ソー ラブ&サンダー』で全能神ゼウスを演じることが判明 ー 本人がインタビューで明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在製作が行われている『ソー ラブ&サンダー』には数多くの著名な俳優が出演することがわかっているが、『マン・オブ・スティール』に出演したラッセル・クロウも今作への出演が伝えられていた。
役柄については明かされていなかったが、最近の彼のインタビューのなかで全能神ゼウスを演じることが明らかにされた。

Russell Crowe Confirms Who He’s Playing In Thor: Love And Thunder

ゼウスがMCU世界に登場するのは初めての試み(余談だがDCEU世界にもゼウスが存在している)。最近は忘れられがちだが神々のストーリーでもある『マイティ・ソー』シリーズとしては彼の登場は最適でもあるだろう。

いまのところどういった役割としてストーリーに関わってくるかはわかっていないが、ゼウスという強大な力を持つ神なだけに非常に大きくな影響力を持っていることは間違いないだろう。

『ソー ラブ&サンダー』はクリス・へムズワースがソー役として続投するととともに、ジェーン・フォスター役にナタリー・ポートマン、ヴァルキリー役にテッサ・トンプソンが出演し、ヴィランのゴア・ザ・ブッチャーには『ダークナイト』のバットマン役であるクリスチャン・ベールが出演することがわかっている。
このほかガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーも『アベンジャーズ/エンドゲーム』に引き続き登場することから、非常に期待ができる映画となっている。

『ソー ラブ&サンダー』は2022年5月6日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする