デイジー・リドリー、次期『スター・ウォーズ』女優へアドバイスを送る-「必要以上に意見する人々の中で生きている」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

現在公開を控えているスター・ウォーズシリーズ『アソーカ』『アコライト(原題)』は、女性主人公が予定されている。
続三部作で主人公レイを演じたデイジー・リドリーはインタビューに答え、楽しみにしているスター・ウォーズプロジェクトについて語り、その中でこれから主人公を演じる女優にエールを送った。

“私たちは皆、必要以上に発言し、必要以上にコメント(批判)する人々の中で生きています。それはとても個人的なことです。その中から良いところを見つけて楽しんでください。世界はクレイジーな場所だから、そういうものをチューニングすることが大切です。”

デイジー・リドリー本人がスター・ウォーズで主役を演じた際に浴びることとなった沢山の意見に対する考え方や、意見を選ぶコツを後輩女優に送った。また最近の作品を見ているか聞かれると、以下のように答えた。

“全部は見ていないです、タイミングとかの関係で…。でも、そうですね、みんながやっている仕事は素晴らしいです。”

デイジー・リドリーは続三部作以降、他の俳優と同様にルーカス・フィルムとの関わりが全くない状況だったといえる。
彼女が再びスター・ウォーズの世界に戻ってくる日はあるのだろうか。

スター・ウォーズのドラマシリーズはDisney+ (ディズニープラス)にて独占配信中!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。