ライアン・ジョンソン監督、スター・ウォーズ三部作に意欲-「まだ作りたい」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開から5年。そして同時に同作の監督を務めたライアン・ジョンソン監督が新たな新たな三部作を製作すると発表してからも5年が経過した。しかし現在のところ、続三部作に続く映画シリーズの製作は進んでいない。最近はドラマシリーズに力を入れ、映画シリーズの製作は止まっているようにも思えたが、どうやら完全にあきらめたわけではなさそうだ。

海外の記事によると、新たな三部作で監督を務める予定のライアン・ジョンソン監督がインタビューに答え、いまだにルーカスフィルムと連絡を取り合っていることや、映画への熱意について語った。

キャスリーン・ケネディ(ルーカスフィルム社長)とは親しくしていて、よく会って話をしているんだ。今のところ、スケジュールといつ実現できるかの問題だ。もし、このまま終わってしまって、いつかあの世界に戻れないとしたら、僕は心が折れてしまうだろう。」

ライアン・ジョンソン監督は現在『Knives Out』の続編をNetFlix向けに2本製作中。スター・ウォーズの方もドラマシリーズの製作が絶え間なく続いており、スケジュール的には確かに難しくなっているようだ。

賛否両論の議論を巻き起こしたライアン・ジョンソン監督は、どのような新シリーズをスタートさせるのだろうか。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。