レイ・フィッシャー、正式に『フラッシュ』出演を見送りにされる - WBとの確執が原因

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『ジャスティスリーグ』でサイボーグを演じた俳優のレイ・フィッシャーは、撮影当時に代打でメガホンをとったジョス・ウェドン監督と、ワーナー・ブラザースの上層部の非礼な対応に対して、公に告発して一時期は大きな騒ぎとなっていた。

つい先日にワーナーが立ち上げた第三者による調査が完了し、ジョス・ウェドン監督自身もスタジオから離れたことで、一旦の終息を見せたと思われていた。

しかしまた自体が急変しだしたようだ。

サイボーグは重要キャラの予定だった

サイボーグ役のレイ・フィッシャーは自身のツイッターにて、今回の告発についてのコメントを改めて発表。そのなかで自身が『フラッシュ』への出演を正式に見送られたことを明かしている。

『ワーナー・ブラザースが「フラッシュ」のキャストから私を削除することを決定したという、公式の確認を受けとりました。私は彼らの決定に強く反対していますが、驚くべきことではありません。サイボーグの映画での活躍はカメオよりもはるかに大きかった。ビクター・ストーンをスクリーンに戻す機会を失ったことを悼みながら、ウォルター・ハマダの行動に気づかせることは世界にとってはるかに重要な貢献であったことがわかるだろう。』

DCフィルム代表のウォルター・ハマダ氏については、彼の続投のコメントを受けたレイ・フィッシャーが強い反発を見せていたことも先日伝えられていた。
今回の告発には彼も関わっており、ハマダ氏が関与する作品には今後出演しないとも話していた。

『フラッシュ』の出演ができなくなったとしても、ウォルター・ハマダ氏に抵抗する姿勢を見せるレイ・フィッシャー。ファンとしてはもう一度サイボーグの活躍が観れなくなってしまったのは非常に残念だが、すべての真実が明らかになるまではこの騒動も収まることは無いだろう。

今後も新たな動きがあったらお伝えしていく。

関連記事を読む

コメントをする