劇場版『パワーレンジャー』続編が決定!ハズブロ買収後の初の映画化!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

2017年に公開され、日本に逆輸入されてきた映画『パワーレンジャー』の続編がついに決定しました!

Hasbro Readying Plans for Power Rangers

アメリカのトイメーカー・ハズブロがサバンより「パワーレンジャー」に関する権利を買収してから映画に関する情報はありませんでしたが、ここでようやく続編製作が公式に発表されました!

ハズブロはパラマウント・ピクチャーズなどと協力して、自身がライセンスを持つ作品の映画化に積極的に取り組もうとしており、『パワーレンジャー』もその一環として製作がスタートされるようです。

前作はデイカー・モンゴメリーなどがパワーレンジャーを演じ、映画の成績自体はそこまで良くはなかったものの、おもちゃの売り上げは好調で、商業的な面では成功と言われています。
映画のラストでは追加戦士のグリーンレンジャー登場をにおわせており、続編製作にも期待が寄せられていました。

続編がいつ製作され公開されるのかはわかりませんが、公式に発表されたとなると近々動きがみられるかもしれません!

またハズブロは自身がライセンスを持つ『ミクロマン』『トランスフォーマー』『G.I.ジョー』などを一つの世界観で描く、いわゆる「ハズブロ・シネマティック・ユニバース」なるものを計画しているともいわれ、そこにパワーレンジャーも組み込まれるのではないかといわれています。

レポートでは、ハズブロ社CEOブライアン・ゴールドナー氏のコメントを掲載しておりパワーレンジャーについて、過渡期が終わり、新しいエンターテイメントコンテンツとライセンス製品のリリースに2019年から着手するとしています。

ハズブロは作品の権利だけではなく、おもちゃなどの製作・販売の権利もバンダイアメリカから買収しているため、来年はパワーレンジャーという作品にとっても大きなターニングポイントとなります。
ちなみに来年放送開始される作品は『特命戦隊ゴーバスターズ』を元にした『パワーレンジャー・ビーストモーファーズ』。ゴーバスターズは7年越しのパワレン化となります。

果たして劇場版『パワーレンジャー』はどのような展開が待ち受けているのでしょうか?注目していきましょう!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です