魂フィーチャーズvol.6 レポート

      2017/06/15

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

魂フィーチャーズvol.6 レポート

本日は秋葉原で7/13、14に開催中の魂フィーチャーズvol.6にいって来ました。
なお会場内は撮影禁止だったため、画像はありません。
飽くまで感想程度なので、よかったらご覧ください。

まずざっと展示されていたものを。

  • 今回はフィギュアーツの仮面ライダーのみの展示になっており、ライダーアーツが出来るまでの工程や、実際に原型師の方がブーム内でカブトのリメイクアーツを制作していました。

  • 次世代アーツとして、平成ライダーの特徴的なポーズをとった素体たちが並び、その中心にリメイクカブトが展示

  • 昭和ライダー
    ZX、リメイクブラックとシャドームーン、バトルホッパーとロードセクター

  • アギト

    アギトバーニングフォーム。

  • ファイズ

    今回の開催記念品の発光ファイズのカイザ版。

  • ブレイドキングフォーム、ブルースペイダー、ギャレン&レッドランバス、カリス、シャドーチェイサー

  • ユートピアドーパント

以上です。
その他の展示は発売済みのライダーアーツが並べられ、ブレイドの体験で触ることが出来るブースもありました。

感想としては、響鬼の仲間外れっぷりがやばいです。
影も形もなかったです。
早く出してくれという感じです。

リニューアルカブトは以前のカブトよりもより劇中に近く、細身だった体や顔も太めになっていました。
原型師の方もカブトの写真を見ながら3Dプリンターで制作していました。(3Dプリンターを生で見たのは初めてでした笑)

ZXは昭和ライダーの相変わらずの出来の良さで、素晴らしい出来でした。10人ライダーが揃うので発売が楽しみです。
リニューアルブラックは塗装がマッドになっており、顔もより劇中に近く、かっこよかったです。
シャドームーンの方はあまり変わりなかったような・・・
バトルホッパーやロードセクターもマッド塗装で今回はしっかりとブラックを座らせられそうです。

アギトから久々登場したバーニングフォームは技術の向上もあって造形が非常によくできていました。気になる点として肩のプロテクターが可動の邪魔にならないか心配でした。

剣のアーツたちはバイクまで作られていて、しかも期待できるものでしたので、楽しみです。

Wのユートピアドーパントは発売されるかは不明ですが、可動ジョイントがあったので、おそらくアーツでの発売だと思います。

大体新作アーツの発売時期が年内か来年発売になっていたのて、これが手にはいるのもそう遠くはないと思います。

以上、文章だけで、拙いものでしたが終わりになります。
ありがとうございました。

ゆとぴ

オススメ記事

ゆるーくツイートしております。

あわせて読みたい


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です