ドラマ『ピースメイカー』、映画をベースにストーリーが展開へ ー 『スースク3』の可能性は否定

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCEUシリーズ『ザ・スーサイド・スクワッド』のスピンオフドラマとして配信を予定している『ピースメイカー』
今作は映画でも活躍したジョン・シナ演じるピースメイカーを主人公としたドラマとなっており、映画と直接的な繋がりがあるといわれている。

そんな今作についてジェームズ・ガン監督が映画との関係性についてコメントをした。

『ある意味で「ピースメイカー」は「ザ・スーサイド・スクワッド」です。しかし「ザ・スーサイド・スクワッド3」にはオープンではありません。

前半のコメントは予想通りだろう。映画でもドラマにダイレクトに繋がるようなシーンがあるなど、その展開が気になるファンも多いと思われる。

一方で噂に合った『ザ・スーサイド・スクワッド3』については明確なコメントを避けている。少なくとも『ピースメイカー』は次なる新作映画に関係したものではないようだ。

ジェームズ・ガン監督はこれ以降にもDCコミックスをベースにした作品を製作するといわれており、現在計画が進んでいると見られる。その候補の中に『スースク』の新作も挙がっているが、果たしてどのような作品を製作するのだろうか?今後の動きにも注目をしておこう。

『ザ・スーサイド・スクワッド』は現在劇場公開中だ。

関連記事を読む

コメントをする