DCドラマ『ピースメイカー』の配信時期が2022年1月だと判明 ー ガン監督がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年8月に公開を控えているDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド』には、すでにスピンオフドラマとして『ピースメイカー』の配信が決定しており、すでに撮影も完了しているため現在は編集作業が行われていると思われる。

そんな『ピースメイカー』の配信開始時期について監督のジェームズ・ガンがインスタグラムのストーリーで回答してくれた。

Peacemaker: James Gunn Confirms The Suicide Squad Spinoff Release Date on HBO Max

『ピースメイカー』は2022年1月にHBO Maxで配信を始めるとのことだ。具体的な日にちまでは明らかにされていないが映画公開から約5カ月後にドラマを楽しむことができるようになる。

日本での配信についてはわかっておらず、そもそもHBO Maxが日本でのサービス展開を行っていないため、今後配信を予定している『コンスタンティン』や『ザ・バットマン』のスピンオフドラマなどの提供がどのような形になるかは不明だ。

前例を観ると『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』の場合は数か月遅れる形で日本でもデジタルリリースとBlu-rayの発売という国内展開が行われることとなっていた。
HBO Maxがサービス開始しない限りは少なくとも、『ピースメイカー』も同じような展開形式がとられると予想される。

『ピースメイカー』は映画の前日譚として描かれ、主人公には名前の通りピースメイカーが活躍する。主演は映画と同じキャスティングでジョン・シナが出演する。

どのように映画に繋がるかはわからないが、どちらもジェームズ・ガン監督が手掛けているということころからクオリティに関しても安心して楽しむことができそうだ。

関連記事を読む

コメントをする