ドラマ『ピースメーカー』ジュードーマスターなど新キャラクターが複数登場か - キャスト募集の情報にて

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年に公開予定の映画『ザ・スーサイド・スクワッド』は、ジェームズ・ガン監督の手によって新たに生まれ変わったヴィランチームの活躍が描かれていく。
そしてすでに前日譚作品であるDCドラマ『ピースメーカー』の制作も予定されており、そちらにも注目が集まっている。

今回はドラマに出演する新しいキャストの募集情報が入ってきた。

『ニキータ』主演女優も出演か

海外メディアのイルミナディによると、『ザ・スーサイド・スクワッド』のスピンオフドラマ『ピースメーカー』に登場する複数のキャラクターのキャスティング情報が入ってきた。

WB EYEING MAGGIE Q FOR NEW ROLE IN PEACEMAKER: EXCLUSIVE

ヴィヴィアン・ソングと呼ばれる刑事役には、ドラマ『ニキータ』や映画『ファンタジー・ランド』で主演をするアジア系女優のマギーQが出演するといわれている。昨今注目されている女優がドラマに出演するとなれば、『ピースメーカー』への意気込みもそれなりに感じることができる。
ソングがどういったキャラクターなのかはあまりわかっていないが、刑事という役割からピースメーカーとも対立するようなキャラになるのではないかと予想される。

また別の記事では50代から60代の男性で、「Murn」というキャラクターを演じる俳優を探しているという。強くてタフな真のリーダーといった特徴があるとのこと。

そのほか武道の経験を持つジュードーマスター演じる20代の俳優もさがしているとのことだ。非常に素早いがあまり機知に富んでいない、才能のある武道家といった特徴があるという。
日本人にとっては馴染みのある柔道を使うキャラクターというのも面白いポイントだ。

ドラマ『ピースメーカー』は2021年にも撮影が開始されるといわれており、おそらくは2022年ごろに配信がスタートすると予想される。

関連記事を読む

コメントをする