パンドラパネルは北都・西都にも存在!赤と青のパネルがDX版として2月下旬発売!

      2018/01/12

この記事を書いた人

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。イベントも。 プロフィールはこちら

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

『仮面ライダービルド』の第1章が終了し、舞台は東都から北都へ移ります。
そしていままで1枚のみ登場していたパンドラパネルが北都と西都にも存在することが玩具情報から判明しました!


「DXパンドラパネルブルー」と「DXパンドラパネルレッド」と名付けられた新アイテム。それぞれフルボトルが1個ずつ、ジョイントパーツが6個ずつ付属します。
先に発売している緑のパンドラパネルx2と、ブルー、レッドもそれぞれx2、そしてジョイントパーツを24個使用すれば劇中のパンドラボックスが完成します。

中々の商売ですねw
確かに劇中でのキーアイテムをおもちゃで再現できるのは魅力的。

そして当初はフルボトルは20本存在すると言われていましたが、フェニックスロボなど北都にあるフルボトルや、おそらく西都にもあるフルボトルを合わせるともっと存在していると思われます。
ビルドドライバーの音声バレからも複数のベストマッチの存在がわかっていますので、それらを網羅するために劇中でも登場すると思われます。

そして他におレジェンドライダー用フルボトルの「魔法使いフルボトル」と「オレンジフルボトル」もDX版が発売予定!ガチャガチャ民に救済を・・・。

来年以降は北都、そして西都も舞台になっていくと思いますので、これからの展開に期待していきましょう!

シェアしてみんなに教えてあげよう!

オススメ記事


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい