『オビ=ワン・ケノービ』でヘイデン・クリステンゼンが若返る?-最新技術で最盛期が描かれる?

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて2022年5月25日(水)から配信予定のスター・ウォーズ新作ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』、新情報で、あのキャラクターが当時の姿で再登場する可能性が出てきた。

海外の記事によると、ヘイデン・クリステンゼンに若返り処理を行い、クローン大戦中のオビ=ワンとの関係を描く可能性があるというのだ。

公開前から注目が集まっているヘイデン・クリステンセン演じるダース・ベイダー。ベイダーとオビ=ワンは、『新たなる希望』の最初のデス・スターでの宿命の対決よりも前に、ライトセーバーを突き合わせて戦うことが公式に発表されている。

そのベイダーことアナキンに、最新技術で若返り処理が施され、クローン大戦時のエピソードが描かれる可能性があるというのだ。

クローン戦争の本格的なフラッシュバック(再現)を1回、あるいは数回行う準備を進めている可能性があるとのこと。アナキンとオビ=ワンはクローン大戦中、よくコンビで活動していた。遠い昔のシーンを取り入れるのは至極当然だ。

問題のフラッシュバックは、登場人物に “悲しい失敗“を思い出させる役割を果たすと述べている。もしかしたら、オビ=ワンとアナキンがまだ最も親しい友人であった幸せな時代が映し出されるかもしれない。そうすれば、このシリーズでオビ=ワンが置かれている状況の深刻さがよくわかる。
また、クリステンセンがアナキンを演じたのは15年前であり、仮にダース・ベイダー以外の姿が描かれる場合、若返り処理は必須と言えるだろう。

オビ=ワン・ケノービの主な物語は「シスの復讐」の10年後、タトゥイーンに亡命した若きルーク・スカイウォーカーを見守る主人公が舞台となる予定。物語に緩急を与えてくれる過去編として、クローン・ウォーズの再現がもし実写でされた場合、興奮すること間違いなしだ。

待望の新シリーズ、『オビ=ワン・ケノービ』は2022年5月25日にDisney+ (ディズニープラス)にて独占配信予定!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。