サミュエル・L・ジャクソン、ディズニープラスでマーベルドラマ主演へ - フューリーが主人公に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)ではすでに数多くのマーベルドラマの製作と配信を予定しており、早くも2020年末には『ワンダヴィジョン』の配信を控えている。

『ファルコン&ウィンターソルジャー』や『ロキ』の撮影も再開され、徐々にマーベルの新たなドラマシリーズが進行しているが、ここでまた新作に関する情報が入ってきた!

ニック・フューリーがついに主人公へ

海外メディアのVarietyによると、マーベル・スタジオはDisney+ (ディズニープラス)のオリジナルドラマとして、サミュエル・L・ジャクソン主演で、ニック・フューリーのスピンオフドラマを計画していると伝えている。

Samuel L. Jackson to Play Nick Fury in New Marvel Disney Plus Series (EXCLUSIVE)

カイル・ブラッドストリート氏が脚本と務めることになっているという。もちろん製作もマーベル・スタジオが行っていくことになっている。

『アイアンマン』のポストクレジットシーンから約10年以上にわたってシリーズに登場し、ヒーローを集めてアベンジャーズを結成したフューリーがついに主人公になることになった。
ドラマへの登場は『エージェント・オブ・シールド』にも2話ほど登場していたが、主人公となるのは今回が初めてだ。

一方でサミュエル・L・ジャクソンが演じるものではない、ニック・フューリーのドラマは1998年にNick Fury: Agent of S.H.I.E.L.D.というテレビ映画が放送されていた。
主演には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にも出演したデビッド・ハッセルホフが務めている。
なかなかマニアックで、管理人自身も見たことはない。

果たしてニック・フューリーが主人公となるドラマはどのような作品になるのだろうか?直近の彼の活躍は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のポストクレジットシーンでの、謎の宇宙施設にいたフューリーのみだ。この謎についても触れられていくのだろうか?

またシーズン7でフィナーレを迎えた『エージェント・オブ・シールド』のメンバーが登場するにも最適だと思われるため、その点についても期待して待つとしましょう。

今後も『ニック・フューリー』について新たな情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする