『ニック・フューリー』ドラマシリーズ、2021年に撮影を開始か - ディズニープラスドラマとして

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)ではマーベル・スタジオによる数多くのオリジナルマーベルドラマの製作が予定されており、すでに撮影や配信開始が近付いている作品も数多くある。

そんなマーベルドラマに新たに加わろうとしている作品の新しい情報が入ってきた。

21年後半に撮影開始か

海外でMCUシリーズに関する情報を伝えているマーフィーズ・マルチバースによると、マーベル・スタジオは2021年に新作ドラマ『ニック・フューリー』の撮影を開始する予定であることを報じている。

‘SHE-HULK’, ‘MOON KNIGHT’ TARGETING MARCH 2021 STARTS

現在は『ロキ』や『ファルコン&ウィンターソルジャー』の撮影をしており、最近では『Ms.マーベル』の撮影も始まっていた。

今後も『ムーンナイト』や『シー・ハルク』の撮影も控えており、それらが落ち着いた後の『ニック・フューリー』になるといわれている。そのため2021年後半を想定しているとのことだ。

ニック・フィーリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンは以前にMCUでのフューリーの活躍が減ったことをマーベル・スタジオの代表であるケヴィン・ファイギ氏に相談を持ち掛け、そこで実現したのが『キャプテンマーベル』でのメインキャラクターだった。その後も『アベンジャーズ/エンドゲーム』や『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でも登場し(キャラとして本人ではないが)、2019年はすべてのMCU映画でフューリーを見ることができた。

それに続いてフューリーを主人公にしたドラマとなれば、より一層彼の活躍が観れることは確実だ。

ドラマ『ニック・フューリー』は公式には製作発表もされていないため、現在は水面下で計画が進められている。
今後配信時期についてもわかり次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする